緑化専用補助支持材

アルティマ グリーンライン(PAT)


ワンタッチでワイヤー固定!壁面緑化用ワイヤー補助支持材

製品特徴

地球温暖化対策の一環として緑化は有効な手段です

建物を緑化することは熱環境改善に大きな効果を果たします。
各自治体も積極的に緑地保全条例に取組み、建物敷地内、屋上、壁面などの緑化整備を義務付けています。

近年の傾向として「デザイン性」と「環境配慮」のアピール度が高いことから壁面緑化が見直され、確実に増加しています。

 

また屋上緑化に比べ壁面の面積の方が大きいことから条例による緑化面積を確保しやすい。
屋上緑化に比べ壁面を緑化する方が、人目に触れる機会も多く「自然との共生」「癒し」を提供できるなど、 取組むべきメリットが大きいようです。

➀安全性

  • 少ない部材の構成で低コストで施工することができます。
  • 緑化条例の緑化面積に算入できます。(地域の条例に則します。)

②施工性

  • ワイヤーは、標準ワイヤー(SUSφ3)とスパイラルワイヤーの2種類をご用意。
  • ワイヤーの両端部には支柱に合わせ、 「ストライプ金具」か「フック金具」のいずれかをセットします。
  • 事前に現場に合せてワイヤー寸法をカットします。 現場での設置は容易です。
  • コンクリート壁、ALC壁の施工が可能です。

③機能性

  • ワイヤー片端金具部にはバネが内臓され、適度な引き張り力(15~20㎏/f)を知らせるマークを目視で確認でき、誰にでも均一で適度なテンションを保持した施工ができます。
  • ワイヤーもう片端金具にはグリップ機能が内臓。
  • ワイヤーを差込むだけで簡単にロックします。 
  • ワイヤー交差部に設ける「リング金具」は、登ろうとすると 「ずれる」いたずら防止機能があります。 
  • リング部に切込みを設けた「切込みアイボルト付支柱」で ワイヤーの引回しが手早く行えます。 
  • ワイヤーが自然な植物の伝い上がりを手助けし、 建物を傷めたり、汚す心配がありません。 
  • スパイラルワイヤーの採用により、植物がら旋状のワイヤーに絡みやすく伝い上がりしやすい優しい設計です。 
  • スパイラルワイヤーの採用により、日照による植物の熱焼けを 低減し健やかな成長の手助けをします。 
  • 少ない部材は軽量で壁面に過度の負担をかけません。
  • 高さは最大12mのロングスパンまで対応します。(但し、4m以上の場合は、中間にジョイント金具が必要です。) 
  • 壁面からのワイヤー持出し距離は約80~90mm。
  • 壁面と植栽との間に充分な距離を確保するので、 壁面を傷めずまた外断熱効果を高めます。

④デザイン性

  • 緑化完成までシステムが壁面に同化し、建物景観を活かします。
  • ワイヤーシステムは柔軟性に富み、美しく自由なデザイン表現が可能です。
  • 植栽の種類は登攀型・下垂型植物(ツル植物)が適し、上下いずれからも植物を生育させることが出来ます。
ワイヤー線径 φ3.0 スパイラルワイヤー (呼び径φ6)
主な用途例

壁面緑化用ワイヤー補助支持材

主な納入先

立体駐車場、商業施設、小学校、幼稚園、マンション、事務所 他多数

2年9カ月経過 (仕様 支柱:アイボルト/パターン:ダイヤクロス(スパイラルワイヤー) )

撮影日 平成19年4月

撮影日 平成22年1月


➀ つる植物登はん用 緑化ワイヤー「スパイラルワイヤー」

多くの施工実績から得た、様々な課題を解消する為に、『いかに植物に優しく』、『いかに植物との相性が良いか(効果を発揮できるか)』をテーマに探求し、開発したのが植物に最も適するオリジナル緑化専用ワイヤー『スパイラルワイヤー』です。

➁ 待望のヘデラ誘引部材 「つる誘引クリップ」

ワイヤー式壁面緑化を施工する際、選択される植栽はワイヤーを蔦って成長する、つる植物になります。

ヘデラ、テイカカズラ、カロライナジャスミン、ムベ、ハゴロモジャスミン、スイカヅラなどです。

 

実はあまり知られていませんが、つる植物をワイヤー式壁面緑化に施工する時に様々な問題が起こっています。

それは施工時だけでなく、施工後(アフター)にも発生しているのです。

 

そんな現状の課題を解決したのが、つる植物誘引結束具 【つる誘引クリップ】です。


③ よじ登り問題への防止対策

現在、様々な所で目にする事が増えた壁面緑化。街中だけでなく、公共施設から個人邸まで様々な壁面緑化が見受けられます。

壁面緑化が浸透するのと同時に、その工法も多様化しています。

基盤型、ユニット型、プランター型、ポケット交換型、下垂型、登はん型。

工法が増えれば、課題点も出てきます。

 

その中の一つとして挙げられるのが、壁面緑化をよじ登る、いわゆる【いたずら】です

④ ターンバックル仕様 スパイラルワイヤー開発

緑化施工の中でターンバックルの用途は、パーゴラなどの水平張りへの活用でした。

水平でありながら、植物の加重に耐え、時間が経過しても緩まず強度ある水平張りを実現出来るからです。

勿論、その用途はそのままで、新しい用途への活用として、ターンバックル仕様のスパイラルワイヤーを開発しました。


⑤ オリジナルワイヤーシステム

壁にテンションをかけることは、建築物への大きな負担となります。
当社オリジナルのワイヤーシステムは、過度の力が壁面にかからないように工夫がされています。


主な納入実績

最新の施工事例は、こちらをご確認下さい。

製品使用事例のポートフォリオは、こちらからダウンロードをして下さい。

福生市営立体駐車場

あきる野中央図書館

立体駐車場

UR都市機構

「トルナーレ日本橋浜町」

ナショナル

トレーニングセンター

神田川環状七号線

地下調整池

袋井ごみ処理施設

新宿区立

西早稲田中学校

屋久島森林管理所 夢の島熱帯植物館

インド大使館

白金台アパートメント

京阪神不動産御成門ビル 東急バス弦巻営業所
赤羽スポーツの森公園 コズミックセンター JR東京総合病院

丸の内パークビルディング

三菱一号館

千葉県赤十字会館 放射線医学総合研究所

SJ51工区街路

擁壁工事

墨田区総合体育館

流山市汚泥再生処理

センター

NTT保土ヶ谷ビル 日本通運芝浦研修センター ネクストサイト中野
埼玉県本庁舎

虎ノ門

ファーストガーデン

UR浜見平団地

URハートアイランド新田

F街区住宅

UR都市機構

「シャレール荻窪」

NTT東日本研修センター

新5号館

豊洲三丁目地区再開発 本衛生医療大学新築  西環境事業所  JR目黒グリーンビル 筑波大学  清水建設本社

エコヴィレッジ

日本橋水天宮

ヤナセ本社 佐川急便新東京店

イオン東久留米

ショッピングセンター

淡路町二丁目西部地区第1種

市街地再開発

京王吉祥寺駅ビル

田園都市線

宮崎台駅

仙台高速鉄道 東西線荒井車庫 芝フロントビル 柏の葉キャンパスシティ 都城市クリーンセンター
虎ノ門高木ビル

都営笹塚1丁目

ゴミステーション

先端地震防災研究棟

(清水建設)

山鹿市庁舎 谷中防災コミュニティ施設 UR豊四季台団地
中京テレビ新社屋 芝警察署

東京消防庁江東航空

センター

健康科学大学 豊洲新市場管理等

リサイクルパーク

あさお王禅寺処理センター

アグリスクエア

新宿

東北沢駅

地下化改良工事

東洋理容美容専門学校 ふ頭内貿上屋 東京都民銀行本社 他多数