壁面緑化専用補助支持材 アルミ製緑化レール

標準型緑化レール (側面用ゴム製保護シート付)

 

 


Point: 設置バリエーションとワイヤーピッチも自由なデザイン設計が可能

 

 

基本的にワイヤーでの壁面緑化の納まりは、Lアングルやアイボルト支柱がほとんどです。

弊社は従来のLアングル施工の他に緑化レールによる施工もラインアップしております。

 

緑化レール施工は、従来仕様のスチール製Lアングルの施工性、コスト、質感、全てを見直した緑化に最適な支持材です。

 

低コストでレールの連結(縦×横)が容易で、小規模から大規模まで設置のバリエーションと共に自由なデザインに対応します。


 

 壁面緑化専用補助支持材 アルミ製レールの特徴

 


➀ 設置コストを大幅ダウン

  • アルミ製緑化レールはスチール製Lアングルに比べm単価が下がり、材料費の㎡単価を軽減。
  • アルミ製緑化レールは軽量で、運搬・搬入・設置などの負担と諸経費を軽減。
  • 通常スチール製Lアングルと比較し、孔明などの事前加工を省きコストを軽減。
  • レールの連結が容易で低コストを維持し、小規模から大規模の緑化デザインに対応。

 

② 現地施工の負担をダウン

  • 軽量で作業者一人でも取付が可能※2。 ※2 下地M10アンカーボルトは建築工事。
  • スチール製Lアングルの重量と比較し、1/3に軽量化。壁面への負担と取扱負担を軽減
  • 現場カットが可能。急な寸法変更にも柔軟に対応。 ※アルミ用のカッターをご用意下さい

 

③ 質感・景観をアップ

  • 他の補助支持材のステンレスの質感と統一し、ステンレスカラーを採用。
  • 高級感のある材質と質感は、屋内外でも安心採用。
  • 屋外使用に対応した、厚みのあるアルマイト仕上。
  • 緑化レール内に取付金具類、潅水設備、電気配線などが収まり景観性を向上。

 

 アルミ製レール施工がLアングル施工よりも優れている4つのポイント

 

左:標準型緑化レールでの施工 右:Lアングルでの施工

 


 

  1. 設置コストを大幅ダウン:m単価が下がり、材料費の㎡単価を軽減出来る
  2. 現場施工の負担ダウン:重量が1/3と軽量なので、作業者一人でも取付可能        
  3. 柔軟な対応力:穴あけ等の事前加工が必要ないので、急な寸法変更にも対応出来る
  4. 質感・景観のアップ:余分な金具が露出する事がないので、スッキリとした景観演出が出来る

 

※下地M10アンカーボルトは建築工事

※アルミ用のカッターをご用意ください

 

  • トータルコストダウン(部材+施工費)を期待出来ます
  • 施工性が良く、柔軟な対応が出来ます
  • スッキリとした景観演出が出来ます

 

 アルミ製緑化レールの活用バリエーション

 

 

 ① 壁面緑化

 

通常の壁面緑化。規模は自由にご計画頂けます。

 

 ② 天井吊り緑化

 

開口部などの遮光として緑陰を楽しめます。

建物から持出し設置が可能です。

 

 ③ 吊り緑化

 

レールをフレームに組み、固定することも可能です。


 

 ④ 立体・自走式駐車場緑化

 

景観向上と緑陰で場内の温度の上昇を緩和します。

 

 ⑤ 自立型フレーム (屋外)

 

レールをフレームに組み、自立させ、緑地のアクセントにご計画頂けます。

 

 ⑥ 自立型フレーム (屋内)

 

レールをフレームに組み、自立させ、室内のパーテーションとしてご計画頂けます。


 

 ⑦ パーゴラ (天井部)

 

藤棚などの上部張りにも適しています。(フレーム別途

 

 ⑧ パーゴラ (天井部×側面部)

 

上部から側面を覆う緑化にも適しています。(フレーム別途)