Blog ブログ

President's Diary 社長日記

No.390 寒さの中の一服の美術展二題。

 

毎朝の通勤散歩の観音様の境内は、もうすっかり冬の空気に覆われています。

 

通勤着は、厚手のコートにマフラー・手袋それに帽子も必要になってきました。

 

そんな折、天王洲アイルで開催されていた、シャネル「マドモアゼル プリヴェ展~ガブリエル シャネルの世界へ」に行ってきました。

 

ロンドン・ソウル・香港・上海と世界を巡回して、ついに日本上陸です。

 

ファッション・フレグランス&ビューティー・ハイジュエリーと3つの角度からシャネルの軌跡を巡る展覧会です。

 

会場は、完全予約制でしたがなんと入場は無料でした。

 

会場は、オートクチュールのドレスやネックレスなどがホワイト・ベージュ・ブラック・レッド・ゴールドの順に展開されており、シャネルが基礎を作り上げた印象的なアイテムの歴史についても学ぶことが出来「シャネル」の世界観を一般の方々に発信する大変興味あるイベントでした。

 

それにしても当然でしたが会場は着飾ったマダムを始め女性陣が大半を占めており夢中でドレスなどの写真を撮っておりました。

 

男性は、私を含めちらほらで、いかにもファッション業界の“おねえさん”的な方々でした。

 

海外からのセンスの良い女性陣も目に付き最近の私にとって久しぶりに目の保養をさせてもらうイベントでもありました。

 

パリのシャネル本店の隣にあるホテルに二度ほど宿泊したことが有りましたが、旅行着の為もありそれに入口からして大変敷居が高そうなので、ドアから中の様子をそっと伺った事を思い出しました。

 

 

又現在、東京都美術館で開催中の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」展にも行ってきました。

 

「印象派・ポスト印象派」の殿堂として知られるロンドンのコートールド美術館が現在改修中の為、選りすぐりのコレクションが大挙して東京に来日し展示されています。

 

特にマネの「フォリー・ベルジエールのバー」やルノアールの「桟敷席」・セザンヌの「カード遊びをする人々」ゴーガンの「テ・レリオア」など巨匠たちの代表作がずらりと並んでおりました。

 

これらの作品は滅多に貸し出されることはありませんので興味のある方はぜひ、15日までの開催です。

 

選りすぐりの絵画と彫刻約60点との対話が楽しめますよ。

 

 

No.389 秋からそろそろ冬へ。

 

ここ数日の朝夕の天気は、体感温度での感じではポカポカ陽気の紅葉の季節から一転そろそろ本格的な冬支度をするような陽気です。

 

 

 

先日久しぶりに日光へ紅葉を見に行ってきましたが、今年の紅葉は台風の影響か紅葉が今一つです。

 

中禅寺湖周辺はそれでも混雑していたので、今回は霧降高原周辺の「霧降ノ滝」や「日光山輪王寺の並び地蔵」周辺に紅葉を期待しましたが、それでもいつもの日光の紅葉らしさは感じませんでした。

 

ただ霧降高原にある「山のレストラン」はオープンと同時に入れたので、窓際の席を確保でき滝を横目にしながら美味しい洋食を頂けて若干期待外れの紅葉を食でカバーした一日でした。

 

 

 

今月は時代こそ異なりますが、私が好きな二人の展示会に駆けつけることが出来ました。

 

二人とは、インテリアデザイナーの「倉俣史朗」ともう一人は、美人画の大家「鏑木清方」です。

 

倉俣史朗さんは、空間デザイン、家具デザインの分野で60年代初めから90年代にかけて世界的に傑出した仕事をしたデザイナーです。

 

日本固有の文化や美意識を感じる独自のデザインによってフランスを始め国際的にも高い評価を受け、そのあまりの独創性ゆえに「クラマタ・ショック」という言葉まで生まれました。特にエキスパンド・メタルで構成された家具は有名です。

 

残念ながら56歳という若さで91年に亡くなりましたが、その数年前に直接お会いして短時間でしたが二人きりでお話を伺うことが出来たのが良い想い出です。

 

 

 

もうひと方は日本画特に美人画の巨匠、の鏑木清方です。

 

鎌倉にある「鏑木清方記念美術館」には何度か足を運んでおりますが、現在竹橋の「東京国立近代美術館」で開催されている鏑木清方展では、1927年作の幻の「築地明石町」が特別公開されております。

 

特に長らく所在不明の為展示されていなかった、「浜町河岸」「築地明石町」「新富町」の三部作は、若い娘・夫人・年かさの女性との女三態とも言うべき構想が隠れていると言われています。

 

特に「築地明石町」に描かれている夫人は何か謎めいており、当時明石町は上流の夫人の散歩コースでその様子を描いた絵と本人は記述しているようですが本作を実際に拝見するともう少し意味深な物語も隠れているようで興味が尽きませんでした。

 

西の「上村松園」、東の「鏑木清方」と言われている東西の美人画の巨匠二人、昨年修復後鑑賞した松園の「序の舞」とこの「築地明石町」は、当然ながら甲乙つけられませんが、この「築地明石町」の夫人の着物と立ち姿、大変に魅力を感じた一作でした!

 

 

 

 

No.388 即位祭典で考えたこと。

 

秋も深まりつつあり、朝晩のお散歩通勤での「浅草寺境内」は紅葉も終わり早朝からの掃除も大変な様子です。

 

都の発表によりますと18年度の海外からの旅行者は、約1424万人でそのうち約45%の旅行者が「浅草」に来ているそうです。

 

それでも連日早朝からの境内掃除の方々のおかげで境内はいつも清々しく気持ちよく過ごせています。感謝!

 

 

 

先日からTVなどで賑やかに報道されている、新天皇の即位を祝う「国民祭典」の行事が連日行われています。

 

新天皇皇后様のお披露目での御手振りでは、皇居前広場に3万人の国民がお祝いいたしました。

 

また天皇の即位に関する「即位の礼」での世界各国からお招きした超VIP達の方々の皇居内の動きなどTV報道が連日放送され巷での話題となりました。

 

台風被害などから延期された「祝賀御列の儀」での即位祝賀パレードでは、沿道に約12万人が早朝から列をなして祝福いたしました。

 

これらの「即位祭典」も「大嘗祭」を最後に終焉する事のようです。

 

 

 

この「大嘗祭」とは、天皇が一世一代限り行う天皇の皇位継承に際しての皇室伝統の大がかりな神事だそうです。

 

日本は世界でも類を見ない天皇を冠する伝統の国であり、国民も一致団結して多くの自然災害を乗り越え大多数の国民は、平和な暮らしを謳歌しているように一見見えますが、多くの国民の政治不信が根っこにあり少子高齢化の波を今後どのようにして政治家に託して行けるかは大変な不安材料となっています。

 

 

最近の印象では大人達が自分が存命中の生活さえよければ後は後世の世代が考えるだろうとの感じを持たざろう得ません、これでは子供達の時代に対してあまりにも無責任ではないかとふと思います。

 

数々行われているこの皇室の行事も伝統の一環で大切なことは一国民として理解で来ますが、この行事に費やされている国民の血税からの予算の一部でももっと国民の為になる有効なことに費やせないかふと考えさせられる「国民祭典」でした。

 

 

 

 

No.387 念願の明治村と蒲郡。

 

すっかり朝晩の冷え込みで秋めいてきた今日この頃ですが皆様はどうお過ごしですか。

台風19号に続いた21号の影響で首都圏にも多くの災害を残し被災された多くの方々にはお悔やみを申し上げます。

 

 

「ラグビーワールドカップ日本大会」もいよいよ“イングランドと南アフリカ”の両チームの決勝を待つばかりとなりました。

8強となった日本チームでしたが残念ながら南アフリカに負けましたが善戦し日本中に“にわかラグビーフアン”を作りました、日本にラグビーが定着するかどうかはこれからですね。

 

 

 

念願だった「明治村」にようやく行くことが出来ました。

ここは、明治時代の建築を中心に全国から移築した文化財として価値ある建物(重要文化財11件を含む)67件を1丁目から5丁目までの広大な敷地に点在させ見学者に開放しております。

 

 

明治村のシンボルはやはり1923年に“フランク・ライド・ライト”設計による「帝国ホテル中央玄関」でしょう。

メインロビー中央は3階までの吹き抜けがあり当時のロビーの雰囲気を味わうことが出来ました。

 

 

昼食は、明治の洋食屋さん「グリル浪漫亭」でハンバーグ付オムライスとアイスクリームを頂きました。

滞在した短時間ではとても全建築をじっくり見て回れませんでした。

ちなみに現在四代目の村長さんは、エッセイストの“阿川佐和子”さんとのことです。

TV等で観る「帝国ホテル」を体験出来満足です。

 

 

明治村のある犬山から一路蒲郡へ、電車とバスを乗り継ぎようやく蒲郡に、もう一つの旅の目的「蒲郡クラシックホテル」に着きました。

開業は1934年で近代化産業遺産にも認定され、歴史的価値も認められており外観は華麗な城郭風建築で内装も格調高いアールデコ様式です。

三河湾国定公園の中心に位置し目前の天然記念物「竹島」にも早朝に一直線に伸びた橋を渡って島を一周してきました。

夕食は、別棟の「六角堂」で地元の幸を堪能いたしました。

 

 

帰りに私の古くからの友人K君がランドスケープデザインに参加した、「蒲郡ラグーナテンボス」を見学に行ってきました。

ここは、ロボットが宿泊の手伝いをする【変なホテル】テーマパークの【ラグナシア】ショッピングモールの【ラグーナフェスティバルマーケット】ホテルと温泉の【ラグーナヒル】そして【ラグナマリーナ】などの複合型リゾートです。

シャトルバスがリゾート内を周回していましたが、天気も良く海風が気持よかったのでほとんど歩きで一周しました。

移動も大変でしたが充実のプチジャーニィでした。

 

 

 

No.386 台風とラグビー。

 

朝晩の空と空気はまさに秋を感じさせます。

 

先日日本列島を襲い記録的な雨をもたらした台風19号(アジア名 ハギビス)は、東北や関東など広い範囲で河川の堤防を決壊させ建物の崩壊や断水及び停電を起こさせ人的被害も伴わせました。

 

このインフラの寸断と高速道路や鉄道の寸断もあり被災地の復興は長期化する模様です。

TVなどによる画像では被災地の様子が映し出され自然の驚異を改めて知る事になりました。

 

先日宿泊した「川奈ホテル」でも台風15号による風圧でホテルの屋根が破損しブルーシートが被されていたり又ゴルフコース脇の大きな樹木が倒れていたりしたのを見ておりますので、間をおかずに襲来した台風による被害で影響を受けた被災地の方々の苦難を思うと本当に心が痛みます。

 

 

 

そのさなか開催されている「ラグビーワールドカップ日本大会」のA組最終戦で、日本が強敵スコットランドに28対21で勝利し史上初の8強入りを4連勝で首位通過いたしました。

 

試合が各地で開催され日本の【おもてなし】がその都度話題となっております。

ゲーム終了後の日本式の「ノーサイド」精神が世界に発信され日本人として誇らしく思います。

 

又日本代表選手のインタビューでは、その奮闘が少しでも被災地の方々を勇気付ける結果になればとのコメントを始め敗退して帰国するカナダチームが被災地での復旧ボランティア活動など、まだ本戦はこれからですが十分「ラグビーワールドカップ日本大会」は、開催国日本でのスポーツ精神を大いにアピールできたと思います。

 

 

それにしても「にわかラグビーフアン」である私にもラグビーの面白さを教えてもらえる良い機会を与えていただき感謝です。

TVの前で日本選手のトライを見て思わず万歳した自分に驚いた「にわかラグビーフアン」です。

次の南アフリカ戦も楽しみです。