Blog ブログ

President's Diary 社長日記

 

No.402 久しぶりのJAZZタイム。

 

今月に入り東京都でも新型コロナウイルスの感染者が200名を超える日が続くなど、まだまだ新型コロナウイルスの影響が日本の経済活動にもダメージを与えております。

 

19日現在、世界中での新型コロナウイルスの感染者数は、1423万人を超え、死者数もついに60万人を超えたそうです。

 

そんな中、観光業を支えるキャンペーンとして「Go To トラベル」事業が8月から前倒しで今月22日から東京都からの発着分を除外して実施されることになりました。

 

宿泊費等のおよそ半分を政府が負担するこの事業には、新型コロナウイルスの感染の再拡大を受けて一部の知事から「時期早尚」との異論も出ていたのですが、政府は全国一律の枠組みから軌道修正して東京都からの観光客を除外してこのキャンペーンをスタートさせるようです。

 

東京在住の私としては、不公平感は否めません。

 

遠方への移動を極力制限されているので、私も極力室内での趣味に留まるしかありません。

 

幸い近所に十年以上通っている“スポーツクラブ”も先月から再開されたので、今まで通り週二回のトレーニングを始めています。

 

昨日は、ジム帰りにちょいと上野まで足を延ばして、子供の頃から通い続けている上野のとんかつや「井泉」にロースカツとビールを頂いてきました。

 

勿論、おつまみの“塩辛と胡瓜のサラダ”もお供です。

 

ほろ酔い気分での帰り道、今日は久し振りに“JAZZデー”だと決め、帰るなり真空管のアンプに火入れし、“今日の献立”を思案した結果、この気分は「マイルス・デイヴィス」のライブレコードで決まりとなりました。

 

久しぶりの“JAZZタイム”のお供は、いつもの決まりで好きなモルト・ウイスキーを数種類ピックアップして、プレイヤーにレコードを乗せゆっくりアームをレコード盤に・・・この瞬間がたまりません。

 

JBLのスピーカーから家族への遠慮もなくかなりの音量でマイルスのトランペットが鳴り出します。

 

やはり50年代のモダンジャズは、このくらいの音量でなくてはね・・・とひとり、にんまりです。

 

今日のモルトは、“タリスカーとラフロイグ”と決め、マイルスに酔うこと数時間、(9時からは「半沢直樹」が始まるので)あっという間のジャズタイムでした。

 

友人からは家でこの音量では聴けません、やはりジャズは大きな音で愉しみたいとの感想を頂いております。

 

この環境(家族の理解などなど)に感謝!の一日でした。

 

 

 

 

No.401 アフターコロナ。

 

緊急事態宣言も東京アラートも解除され、いよいよ経済活動が本格化されだしました。

 

一方この間、世界での新型コロナウイルスの感染者数は、26日現在950万人超えで、今後一週間以内に1000万人に達すると予想されています。

 

また死者数は、世界196か国・地域で48.3万人を上回っており、すでに感染が終息されたかと思われた国でも第2波の影響が伝えられています。

 

私の地元浅草も以前より少しではありますが、国内からの観光客が徐々に増えて来てるように思われます。

 

身の回りでは、かなりテレワークの経験者が増えきて、半数以上の方達がコロナ後も継続して利用したいと考えているようです。

 

新型コロナウイルスの影響による3~5月の3ヵ月間は、我々が今までに経験したことがなかった事態であり、その間に受けた生活意識の変化は、これからの社会にどの様な変化をもたらし新型コロナウイルスを切っ掛けにやって来る「新しい日常」がどんな形で定着するか想像がつきません。

 

都道府県を跨ぐ移動の自粛が解除され全国の行楽地に賑わいが戻ると予想されていますが、解除は少し早かったのではと思っています。

 

しかし全国の経済活動を考えるに、新型コロナウイルス対策をしっかり講じた上で観光地などへ行くことも大事かとも思います。

 

我々が、何よりもこの3ヵ月の間、極力家に籠り続けたストレスは、メンタルヘルスの危機を伴いました。

 

そうした折、新型コロナウイルスの影響で延び延びになっていた、ミルフォード会(ミル会)の三家族で宮城県の「作並温泉」に一泊二日のプチ旅行に行ってきました。

 

宿泊予定の宿がこの間、自粛の為休館しておりましたが再開の連絡を受け“いざ出陣”となりました。

 

このミル会とは10年前にニュージーランドの世界遺産“ミルフォードトラック”をトレッキングした際に現地で知り合った日本人家族の集まりで、帰国後に食事会をしたりプチ旅行をしたりしている気楽なお仲間の会です。

 

勿論年齢も職業も違いますが、好き勝手に雑談などを気兼ねなく平気で言い合える楽しいお仲間は、私にとっては貴重な存在です。

 

メンバーが厳選した宿で温泉に浸かったり、その地方の美味しい料理やお酒を楽しみながらワイワイしております。

 

今回行きに寄った、伊達政宗公の命により造営された「大崎八幡宮」は、社殿全体が国宝に指定されており、社殿内外に極採色に彩られた彫刻は大変見事な物でした。

 

また帰りに寄った「願成寺」の“白水阿弥陀堂”も方三間単層宝形造りの杮葺でやはり国宝に指定されており大変趣があるお堂でした。

 

プチ旅行は、往復約900キロの道のりでしたが、思いのほか道は空いており観光地がコロナ以前の賑わいに戻るには、まだかなり時間を要すると思いました。

 

国内にもまだまだ知られざる素晴らしい観光地があり、外国人観光客に頼ることなく、その土地その土地の良さを工夫して国内の観光客を引き寄せる対策を講じて何とか後世に残してほしいものです。

 

 

 

 

No.400 新型コロナウイルスの影響とテレワークのその後のその後。

 

相変わらずのコロナウイルスの影響とそれに伴う経済構造の変化の話です。

 

残念ながら不要不急の外出を避けているのでどうしても話題がコロナ関係になりがちです。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により4月7日に7都府県に出され一時は全都道府県に拡大されていた「緊急事態宣言」が5月25日に全国で解除されました。

 

その間に企業では、約一か月半の間にリモートワークの拡大という働き方の変化がありました。

 

当たり前に存在した通勤時間の削減やそれに伴うストレスの低下・生産性の向上また企業においては事務所の賃料や通勤費の見直しなどのメリットがある一方、通勤時間がないとプライベートとの区別が難しいことや息抜きがしずらく疲労が伴うことまた社員間でのコミニケーションの欠如や運動不足等々のデメリットも指摘されています。

 

しかしこのテレワークの導入で世界的に遅れていた日本の生産性の低さの改善や働き方が変わろうとしています。

 

今後はテレワークにより人と話す事が少なくなる事による心のケアが必要となると思われます。

 

新型コロナウイルスの影響により生じたテレワークは、このようにビジネスでの変化をもたらしましたが、それに伴い物販や飲食の店舗の休業や観光関係の縮小など多くの産業にも多大の影響を与えました。

 

政府は、国民に対して物質的な金銭の保証は当然進めていますが、国民の精神的なダメージに対してのケアはどのように進めてゆくのか大変気にかかります。

 

「緊急事態宣言」が解除され心が緩み第二第三波の感染拡大がおこらないよう皆様もう暫くは気を敷きしめましょう!

 

 

  

 

No.399 新型コロナウイルスの影響とテレワークのその後。

 

前回の続きになりますが、相変わらず日本全国の観光地などは緊急事態宣言による外出自粛の影響で閑古鳥の様相です。

 

地元浅草周辺もシャッター街の街並みでまるでゴーストタウンです。

 

老舗が多い浅草でも休業するかもしくは開店しても客数が6割減とか1日に数客しか来ないなどと言われています。

 

7日の発表によると新型コロナウイルスによる全世界の感染者数は、186ヶ国・地域で370万人を数え、死者数は26万人超となった模様です。

 

1か月前に緊急事態宣言がなされた以降、産業界では多くの企業がテレワークでの業務を余技されその結果、仕事の無駄が排除されよりシステマティックな働き方に変更され、それにより社員の本当の能力を判断でき効率が良く働く社員の存在が判明するきっかけになってきているようです。

 

テレワークにより会社までの通勤も自粛されるなど日本人のライフスタイルが大きく変わろうとしています。

 

またコロナ禍が終息しても引き続きテレワーク中心で働きたいと考えるビジネスパーソンが4割に達することも判明しました。

 

今まで旧態依然としていた組織に阻まれていた個人の潜在的能力が目覚め、これからは「自分の能力を売る職能で働く時代」に代わる可能性があるようです。

 

TVドラマでおなじみの“フリーランスの時代”に突入でしょうか。

 

個人の能力をデジタル化された情報通信を操りながら企業に売り込む“クリエイティブワーカーの時代”に移行するとの有識者の見解も見受けられます。

 

産業のデジタル化は、新たな市場を生み出す可能性も高く日本の働き方を大きく変えることになりそうです。

 

まさに今日本は、新型コロナウイルスの影響により世界的にも遅れていた産業構造などを外圧でなく自らの手で根本的に変える新たな時代の入り口に立っているといえましょう。

 

絶好のこの機会を逃す手はないと思いませんか。

 

 

  

 

No.398 新型コロナウイルスの影響とテレワーク。

 

東京の観光名所として必ず取り上げられる私の地元浅草も新型コロナウイルスの影響を相当受けている観光地です。

 

朝夕だけでなく一日中人の往来がまばらです。

 

勿論海外からの観光客の激減と緊急事態宣言の発令による不要不急の外出制限などでによるものですが、これは何も浅草に限ったことではありませんが、つい最近までの異常なまでの人出があまりに多かったので余計に感じてしまいます。

 

14日の発表によると新型コロナウイルスの全世界の感染者数は、200万人に迫り、死者数は12万人超となった模様です。

 

日本では、感染者の7割が50歳以下で死者の8割超が70歳以上とのことで、やはり高齢者の感染が大変危険なようです。

 

政府からの外出制限を受けて企業や教育機関などは、極力テレワークやオンライン授業での対応が求められています。

 

これらの定着により新型コロナウイルス危機の終息以降に新しい価値観が育つ可能性があります。

 

しかしこの新型コロナウイルスの流行に伴いこのテレワークを始めた企業や働く人は、その状態を2021年末か2022年頃まで継続する状態が続くとみられます。

 

その結果健康にかかわる課題や労務管理上の問題などを解決していかなければなりません。

 

それでもこのテレワークは、これからの“世界のメガトレンド”になり政治・経済や日常生活を支えてきた価値観や常識を大きく変化させる可能性があると思われます。

 

 

また今一番心配なことの一つが「医療崩壊」です。

 

これはある地域において医療機関に患者の受け入れが出来なくなった状態を指し現状ではプラス10%が限界と言われています。

 

医療機関や関係省庁の方々の不眠不休の活動には、ただただご苦労様と申し上げたいです。

 

また飲食業や劇場等での感染拡大の懸念から発令された自粛要請に対しての休業補償やそれに伴う失業問題なども政府と各自治体の対応次第では、これから数々の問題が起きると思われます。

 

このように世界的な新型コロナウイルスの影響は人類と環境の関係を見直す契機になると思われますが、関係機関によれば、行政・企業その他関係者がどれだけ努力したとしても2021年末までに終息すれば良いほうだと予測しているようです。

 

一年半つらい日々ですね。

 

しかし惨事の後人類は、過去にも必ず適応し新しい生き方を提案してきました。

 

まだまだ続くと思われるこの新型コロナウイルスに対するワクチンの早期な開発を期待してやみません。