Blog ブログ

President's Diary 社長日記

No.372 ぼろ・ボロとBORO。

 

先日何気に朝日新聞朝刊の広告を見ていて、浅草寺の隣にある私設美術館「アミューズミュージアム」が建物の老朽化に伴って開館10周年を区切りとして3月31日で閉館する事を知りました。

運営母体のアミューズは、サザンオールスターズや福山雅治やパフユームを抱える一大プロダクションです。

このミュージアムは、「日本文化を楽しく伝えたい」というアミューズの創立者・会長である青森出身の「大里洋吉」さんが、同郷の歴史民俗研究家である「故・田中忠三郎」さんとの“縁”から田中コレクションを常設展示している私設美術館です。

 

田中コレクションは、「田中忠三郎」が長く最貧の地であった、青森の農村部に伝わる何世代にもわたって、つぎはぎを重ねて分厚い布塊と化した夜具や衣類である古布の「ぼろ」を「遠い昔の負の財産」と無視されてきた地元青森で、非難と中傷と戦い又変人扱いされながら、20代から晩年までの50年以上に渡り、県内の集落をただひとりで山村を巡って「ぼろ」を約2万点収集した、学術的価値はもちろん芸術的価値も高い稀有なコレクションとして知られています。

以前からこのミュージアムの存在は知っていたのですが、この広告記事を読み閉館前に是非本物の「ぼろ」を観たいと思い立ちました。

 

館内は、長持ちさせるために布を継ぎはぎし、代々受け継がれてきた「ボロ」などをモダンな空間に飾り、実際に手にしたり着たりできました。

まさに「これこそ文化財」と称賛されている通りでした。

海外でもファッションの世界において、デザイナーから日本の「ボロ」などの古布は、「奇跡のテキスタイル・アート」と呼ばれ発想の原点としてその「BORO」をモチーフにしています。

 

又こちらに来て知ったのですが、「黒澤監督」の依頼で映画「夢」の撮影に衣類約300点を提供した事や、津軽三味線の第一人者である「高橋竹山」に“変人”扱いされていたことに同情された“縁”で知り合い、のちに版画家の「棟方志功」は、田中を介して竹山を知り意気投合した事で「天才は天才を知る」と感心した事、歌人の「寺山修司」が映画「田園に死す」のロケで田中の古民家に泊まり込んだ事など多々あるエピソードにも興味を覚えました。

閉館日まで「美しいボロ布展」が開催されています。お見逃しなく!

 

閉館後の4月以降は、米国・欧州・中国・豪州など世界各国で巡回展を行い、その後日本国内での新アミユーズミュージアムの開館を検討しているそうです。今からその反響からの展開が楽しみです。

 

 

 

No.371 39年目と断捨離!

 

 

花粉の季節になりました。

私は、例年この時期になると「スギ花粉」に悩まされます。

30代前半ごろにアレルギー検査で「スギの花粉症」と言われ、それ以来この季節になると“目がしょぼしょぼ、鼻がずるずる”の典型的なスギ花粉の症状があらわれてきます。

今年は早目に予防医療の診療所から花粉対策用の点眼薬と点鼻液をもらい万全の対策済みですので、例年よりはまだ症状は軽いようです。

皆様の中にもおそらく花粉症の方も多くいらっしゃると思いますのでくれぐれも早目に対策をされますように。

 

 

今月の17日にめでたく?結婚39年目を迎えました。

今思うと私が人生で公私ともに大変な時期に結婚をしたわけで、カミさんには当初から苦労を掛けてきましたが、良く当時の状況を理解してくれたうえでサポートし続けてもらい大変感謝しております。

 

そのカミさんに近頃そろそろ身の回りの物を少しずつ整理したらと言われ、世にいう「断捨離」を考えるようになりました。

私は幼いころより気に入ったものを蒐集することが好きで今でも色々なものが捨てられずに身の回りにいくつもあります。

色々考えた末に最初に手を付けたものが“老後の楽しみ”にと録画しておいた「和・洋の映画」のビデオテープ達です。

当時は今ほど手軽に何時でも思った時に映画が鑑賞できると思わなかったので、衛星放送などから気にいった作品を少しずつ録画することになった結果の“ベータ―やVHS”のビデオテープ群です。

 

まず8つあるキャビネットの内2つのキャビネットに収納していた約300巻のビデオを燃えるごみ日に少しずつ捨て去りました。涙!

空いたキャビネットには、モデルカーのコレクションである「18分の1のミニチアカー」14台と関連の雑誌やビデオ等を収納し、もう一つのキャビネットにはこれまた少しずつ買いためた私なりに“レア”と思える「スコッチウイスキー」を収納いたしました。

これらはコレクション品ばかりでなく現在高値になって入手しにくいモノ達ですが、飲酒希望者にはテイスティングしてもらえるスコッチウイスキー達です。

 

そのほかに20代のころにFM放送から録音した「ジャズ」の“7インチや10インチのオープンリールテープ群”や“カセットテープ群”又お気に入りのJAZZ中心のLPレコードもかなりあります。

それに加え「美術関係や音楽関連」の“DVDやVHS”なども相当あります。

又これらを好みの音に再生するのに必要なビンテージのオーディオアンプやスピーカーも長年かかりましたが揃えてあります。

 

一口に“断捨離”といつても私の場合には幼いころからの蒐集癖の為に種々雑多色々あり、この際に想いきってと思っておりますが・・・。

捨て去るモノ達を見るたびに当時の思い出が色々よみがえりますね。

 

 

 

No.370 二月ならではの季節イベント!

 

 

寒さが一段の厳しくなってきた二月七日に、かみさんが長年教えている“エスモード・ジャポン”の「エスモード卒業コレクション」に行ってきました。

この卒コレは、ファッションの専門学校で学ぶ次世代を担うクリエイターの卵たちが、独自の世界観を発表する3年間の集大成で、高い技術とデザイン力を披露する場でもあり、恵比須ガーデンプレースの“ザ・ガーデンホール”で毎年開催されています。

 

今年度のコレクションテーマが「BEYOND AVANT-GARDE」と題するだけあって、まさに前衛的な作品のオンパレードでした。

しかし若さあふれる作品ばかりで私的には大いに楽しませていただきました。

それにしてもどのモデルさんも細い~。

 

 

話変わって、昨年ついに行けなかった我が家慣例の「クロスカントリースキー」にようやく行ってきました。

場所は年間通しておなじみの“日光戦場ヶ原周辺のクロスカントリーコース”です。

午前中で周遊する、光徳沼周辺の5キロコース+アルファーのおよそ2時間半のクロカンです。

途中休み休みでかみさんが3回私が1回こけましたが、無理せずのんびり楽しんだXCスキーでした。

 

昼食は、おなじみ「中禅寺金谷ホテル」で、私は100年カレーでかみさんは鱒のムニエルを美味しくいただきました。

食後は一服してから日帰り温泉の「空ぶろ」に浸かり優雅な一日を過ごさせてもらいました。

我が家から約2時間半で行ける「日光」は、年間を通して楽しめる我が家のオアシスです。

かみさんの都合で今年のクロカンは、残念ながらこれ一回だけに終わりそうです。

今年は、春の上高地と秋の日光を予定していますが、夏の北海道東エリアの旅がこれに加わりそうです。

 

ともかく健康でなければ旅も楽しめませんので日々体調管理に気を付けて暮らしております。

これからも“プライスレスの旅の思い出づくり”を家族で楽しもうと思います。

 

 

 

No.369 快挙!

 

 

朝晩の冷え込みも半端でなく、暑いのも寒いのも得意でない私としては少し厳しい日々が続いております。

私の周りには、“インフルエンザ”に罹っている方も多いようですので特に外出先から戻った際の手洗いとうがいに注意している毎日です。

先日初めて“インフルエンザ”の注射をしましたが、友達の医者からは、“遅い”の一言をもらいましたが、それでもしないよりはマシのようでした。

 

 

ところで先週は「大阪なおみ」さんが、全豪オープンテニスで昨年の全米オープンに続き四大大会シングル二連勝の快挙を果たしました。

決勝の試合では、「ぺトラ・クビトバ(チエコ)」選手に競り勝って優勝を飾り世界ランクが男女通じてアジア勢初の一位になりました。

私の友人にはテニス愛好家が多くいますが、ハンドボールより小さい球体が苦手な私としてはルールもあまり理解していないテニスそのものに正直あまりなじみがないのですが、さすがに決勝戦ではTVにかじりついておりました。

 

大阪なおみさんは、シャイで飾らない人柄なのも好感が持てます。

試合後のインタビューなどでは、ほんわかとした雰囲気でユーモアあふれる発言も注目を浴びており独特の「なおみ節」で、日本ばかりか世界でも人気者になっているようです。

 

最近の彼女は、最後まで絶対に諦めない強い決意を持ってプレイに臨む姿が良いし笑顔もチャーミングです。

これも彼女のコーチやトレーナーを中心とした「なおみチーム」によるところが大いにあるようです。

新聞等によると、心が穏やかな時に良いプレイが出来るのだという「インナーピース(平常心)」を心がけることが大切であり、恵まれた体格とずば抜けた身体能力を持つ彼女でも心を磨くことなしには、その才能を十分に発揮できないようです。

これはテニスでなくてもスポーツでなくてもすべての物事に通じる「真理」かもしれませんね。

凡人の私も事に当たってこの「インナーピース」は、齢を重ねても残念ながらなかなか成し遂げられないのが現状です。

それにしても弱冠21歳でのこの快挙!

これからの彼女に注目いたしましょう。

 

 

 

No.368 平成最後の年です。

 

2019年、今年も宜しくお願いいたします。

私の地元浅草では例年以上に観音様への参拝客が多かったようです。

今年も皆様にとって充実した良い年になりますように!

 

年明け最初に伺った展示会は、六本木のAXISギャラリーで開催された「JIDAデザインミュージアムセレクションに観る日本のデザインの力~展」です。(JIDAとは、日本インダストリアルデザイナー協会の略です。)

この展示会は、「プレミアム 10」との副題通り過去20年間のJIDAセレクション活動によって選定された多くの製品群の中から、とくに日本のデザインのエポックともいえる、優れた「10製品」をピックアップし、その魅力を展示紹介するものでした。

パンフレットにもある通り、日本独自の感性や技術によって発想された歴史的「10製品」を前に、日本の暮らしやものづくりの特性を想像していただく試みの展示会でした。

展示会場では、実物展示を含めなるほどと思われるものばかりでした。

せっかくなのでこの選りすぐりの10製品を記しておきます。

 

1. JR東海 新幹線車両N7000系

2. 富山ライトレール(トラム)

3. HONDA 四輪車両S660

4. Panasonic 真空管掃除機 MC500G

5. Zojirushi 炊飯ジャーZutto

6. YAMAHA サイレントバイオリンSV100

7. TOTO ウォシュレット GA

8. 川上産業 緊急災害仮設空間 QS72

9. SONY アイボESR7

10.SONY スマートスクリーンXperia G1109

 

以上の製品です。

 

私も個人的に環境も含め製品のデザインには大変興味があり、物心が芽生えたころより暮らしにもお気に入りの製品群に囲まれて暮らしてきました。

そのうえでも大変興味ある展示会でした。

優れたデザインは、心を豊かにし感性を磨くにも大いに寄与すると思います。

勿論お気に入りのデザイン製品は人それぞれによって違いますが、良いものは良いと自分なりの基準で製品をセレクトしてきました。

これからは、あまり物を増やさずにつつましく暮らしてゆきたいと思っております。