Blog ブログ

President's Diary 社長日記

 

No.408 新年から緊急事態宣言!

 

年明けからまたまた新型コロナウイルスの話になります。

 

13日現在世界の感染者数が9118万人を超え、死者数も195万人を超えました。

 

今年こそ明るい一年にと思った矢先に第三波の「感染の波」に襲われ首都圏一都三県に「緊急事態宣言」が昨年の4月に続き二度目の発令がなされました。

 

まだまだ今年も新コロナウイルスとの戦いが続いています。

 

政府の分科会によりますと“首都圏の感染状況が沈静化しなければ、全国的に急速に感染が蔓延する恐れがある”としています。

 

前回の発令と違い例外リストが多いのが気になります。

 

今回は飲食店とサービス業の自粛が中心で劇場・映画館・展示場・体育館・プール・スポーツジム・学校等が条件付きでのぞかれています。

 

昨年にひき続きリモートワークなども進んでいますが、前回の教訓での「3密を避ける行動」など経験したにもかかわらず、時間経過で人々の気の緩みが生じたのか前回に比べてなぜか思いのほか繁華街中心に人が増えている気がします。

 

政府が午後8時以降の外出の自粛に加え日中も不要不急の外出は控えるように呼びかけているにもかかわらず、繁華街には前回より人が増えておりその結果特に若い層の感染者が増加しています。

 

それに伴い以前から危惧されていた医療現場の逼迫が深刻化し「医療崩壊」が現実味を帯びてきております。

 

又分科会によると現在「爆発的な感染拡大」の入り口に差し掛かりつつあり、非常に深刻な状況だそうです。

 

欧米より感染者数が少ない日本でなぜそのような危惧がなされるか日本の医療体制の問題点が指摘されています。

 

今後どのようにそれらの問題点が解消されるか政治力が試されます。

 

13日には、関西及び中部など二府五県に「緊急事態宣言」が発令され今後は、これに続く自治体も増えそうです。

 

米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスのワクチンを日本でも接種を行う予定ですが、課題もあり「超低温」での管理や接種後の副作用など安全性や有効性の確認なども問われています。

 

ともかく新型コロナウイルスの終息が世界経済復活に深くかかわっておりこれらのコロナワクチンに期待がかかっています。

 

しかし私は、暫くじっと外出などを我慢して様子を見てから接種したいと思っております。

 

 

 

 

No.407 新型コロナウイルスと古希で思うこと。

 

師走になり朝晩の寒さにめげそうな古希になった私です。

 

世界では相変わらず新型コロナウイルスの感染者数が増加しており累計7600万人を超え死者数も168万人を上回ったもようです。

 

東京都も感染者が増加傾向にあり夜間の人出も増えそれに伴い重症者数も増加の模様です。

 

特に若い世代にその傾向があり最近の気のゆるみがこれからも心配です。

 

また感染者の増加に伴う医療崩壊も医療関係に友人が多いので大変心配です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるカギとなる予防ワクチンの複数が緊急使用許可を承認されましたが、その有効性や安全性について不明点も多いと思われます。

 

すでに接種者から健康被害をもたらす副作用も報道され個人的には接種をためらいます。

 

私もすでに古希を迎え重症化リスクが高い高齢者ですので出来る限り会食等は延期させて頂いております。

 

友人達との語らい等でパワーを頂いている身にとっては不本意でつらい日々が続いております。

 

そのせいかどうかは不明ですが、3月から体脂肪率も12%から15%へと増え体調管理に普段以上に気を付けております。

今年も残すところ10日余りとなりました。

 

昨年の今頃はまさか新型コロナウイルスにより世界経済が現在のようになるとは誰も予想だにしなかったと思います。

 

来年もこのウイルスによる感染被害は残念ながら続くと思われますが、予防ワクチンの効果による世界経済の立て直しと安らかな生活が戻ることを願うばかりです。

 

皆様もより体調管理に気を付けて、良いお年をお迎えください。

 

 

 

 

No.406 新型コロナウイルスとGoToトラベル。

 

すっかり秋も深まり朝の通勤散歩の観音様境内では、寒さも一段と増し、もうそこまで冬の到来を感じさせる今日この頃です。

 

11月24日現在、新型コロナウイルスの世界の累計感染者数が5900万人を超え死者数も140万人に迫っています。

 

国内の感染者数も13万人超で死者数も2000人に迫っています。

 

 

 

今月は、紅葉と美味しい食事を楽しみに気の合ったお仲間と完全コロナ対策をして箱根・小田原巡りをしてきました。

 

GoToトラベルの影響もあり観光地にも以前よりは多少は人出が戻ったようですが、気のゆるみによるコロナ感染の反動が心配です。

 

世界中の医薬関連会社によるコロナワクチンの開発競争が行われており、すでに“ファイザー”や“モデルナ”など数社は、承認を得て供給体制を進めているようですが、個人的には接種後の副作用等の事を考えると接種するべきか複雑な思いです。

 

東京でも外苑前の銀杏並木などは、休日には大変な人出のようで二週間後の感染者数の増加が気になります。

 

東京在住の私が東京のホテルに泊まることは、基本的にはあまりないのですが(クラッシックホテル巡りの「東京ステイションホテル」を別として)GoToトラベルもあり、「上高地帝国ホテル」に宿泊した際のスタッフに会いに日比谷の「帝国ホテル」に先日宿泊してきました。(なぜか部屋がアップグレードされていました。)

 

せっかく帝国ホテルに宿泊したので、ディナー後“オールドインペリアルバー”でオリジナルカクテルを一杯と思い寄った時やインペリアルラウンジ“アクア”で優雅にアフタヌーンティーを頂いた際に感じたのですが、雰囲気に慣れないせいか大声で騒いたり、服装がマッチしなかったりしてせっかくの時間が多少残念な時間となりました。

 

ホテル側もきっと複雑な思いで接客していたのでしょうがGoToトラベル後に本来の客筋が戻るのか、興味があるところです。

 

東京以外でも大阪や札幌でも新型コロナの感染者数が増加し、GoToトラベルを一時中断することになった模様です。

 

このように気のゆるみが日本中で進むのが本当に心配です。

 

日本人本来の国民性からしても医療崩壊が起こった時の事をもっと真剣に考えるべきではないでしょうか。

 

新型コロナウイルスの教訓から世界的に経済と医療とのバランスの難しさをどのように解決するかは今後の大きな課題となるでしょうね。

 

 

 

 

No.405 秋のトラベル!

 

すっかり秋めいてきましたが、相変わらず新型コロナウイルスが猛威を振るっております。

 

ヨーロッパではまた感染者数が増加しているようです。

 

10月25日現在、世界全体での感染者数は、4271万人を超え死者数も115万人を上回ったようです。

 

旅好きの我が家でも新型コロナウイルスの影響で遠方への旅は自粛していましたが、それでもカレンダーを見ると今年に入りほぼ10回のプチ旅行を行ったようです。

 

四月に母が他界したので3か月は自粛しましたが、生前母が私達の日常のストレス発散も兼ねた旅を良く理解して応援してくれていたので7月からの旅は、ほぼ予定通り楽しんできました。

 

「GoToトラベル」が始まる前の旅では、当然特に恩恵を受けてはいませんでしたが、今月の旅からは、改修工事が終わり新装なった「箱根富士屋ホテル」で何らかのコストメリットがあったようです。

 

全国9カ所の“クラッシックホテル巡り”もすでに二巡目に入り、そのメンバーにないお初の「赤倉観光ホテル」や6度目の宿泊になる「上高地帝国ホテル」など気に入った宿は、その雰囲気・料理や居心地の良いサービスなどが我が家の感性に合っているようです。

 

また宿の周辺の食事処や美術館巡りも旅の楽しみですが、特に何にもしないで温泉に浸かったり本を読んだりするのも旅の醍醐味です。

 

セミリタイヤに近い毎日を送っている身ですが、やはりどこかではストレスが多少はあるようで旅に行くと心身の疲れを心地よく癒されることが多いようです。やはり健康一番ですね!

 

 

 

 

No.404 令和のおじさんとコロナ禍。

 

ここ数日の朝の通勤散歩で見上げる空模様が、秋の兆しを感じさせてくれます。

 

22日現在コロナによる感染者数は、世界で3110万人を超え死者も96万人を超えました。

 

この現状時に日本では、7年8か月続き歴代最長の3188日の安倍内閣は、「令和のおじさん」こと菅官房長官に首相の座をバトンタッチしました。

 

新政府は、コロナ禍による経済の立て直しなど前途多難の船出ですが、特に最優先課題のひとつが行政のデジタル化の遅れが浮き彫りになったことに対しての対策でしょう。

 

今の日本においてデジタル改革は急務と言えると思われます。

 

又経済再生へ縦割り行政の打破も期待されます。

 

“GoToトラベル”キャンペーンもようやく来月から東京都民にも適用されるようですが、少し早いような気もします。

 

個人的にはもう少し様子を見たほうがとも思いますが、旅好きの我が家にとっては大いに恩恵を受けることでもあり心中複雑な思いで見守っております。

 

この四連休で私の地元浅草も久しぶりに観光客で大いに賑わったようですが、二週間後の感染者数の増加が気になります。

 

このコロナ禍の終焉は、まだ先だと思いますが世界中の先進国が国を挙げてワクチンの開発を進めていますので、これに期待するしかありませんが、世界経済が以前のように戻るのは先が見えない以上当面は期待薄でしょう。

 

今考えると、以前の平和な日常がうそのように思えますが、現状を受け入れてこれからの生活を見直すしかありません。

 

私も健康の大事さを改めて考える良い機会になっております。