Blog ブログ

President's Diary 社長日記

No.385 上野の美術展二題。

 

朝の通勤散歩時に見上げる空も秋の季節の“うろこ雲”が見えてきました。

今年の夏の猛暑と台風による天気を考えると早く大好きな秋になるのがいいな~と思う日々です。

 

 

6月から上野で開催されていた、二つの美術展にようやく行くことが出来ました。

 

一つ目は先月末から今月上旬にかけて旅した「奈良」の「長谷寺」「室生寺」を含む四寺の仏像を展示していた東京国立博物館の「奈良大和四寺のみほとけ展」です。

 

「長谷寺」の鎌倉時代に高度な技術で造られた「十一面観音菩薩立像」は、当然訪問時には拝見できずにいたのですがやはり「長谷寺」で拝ませていただきたかったです。

 

また「室生寺」の平安時代初期の重厚な特徴を備える「釈迦如来坐像」は、国宝であり一木彫像の傑作です。

こちらも出来れば「室生寺」で拝見したかったですが、あの階段を思うと少し二の足を・・・。

他の二寺の「岡寺」と「安倍文殊院」は先月の旅では訪問しなかったので次回もし奈良に行くことがあれば訪ねたいと思いました。

 

 

もう一つの展示会は、【国立西洋美術館開館60周年記念】として開催された「松方コレクション展」です。

 

国立西洋美術館の礎となった松方コレクション(松方幸次郎が1910~20年代にパリやロンドンなどで蒐集した約3000点の西洋美術コレクション)の名作とともに、その波乱と激動に満ちた歴史を明らかにした展示の内容になっており、特に奇数な運命をたどり現在パリのオルセー美術館に展示されている“ゴッホ”の「アルルの寝室」や松方が、日本で最高の絵を見せてやりたいと言って“モネ”を口説き直接買い付けた「睡蓮」などは多くの人だかりがありました。

 

また美術館の設計が“ル・コルビジェ”に決まったのもフランス政府が作品の返還の条件だったことなども知りました。

又“モネ”の幻の大作「睡蓮、柳の反映」は、長きにわたる修復後に初公開されていて、その修復過程も同時に展示され興味を引きました。

 

 

美術作品の修復は、大変根気がいる仕事です。

以前にダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の修復作業の様子をTVのドキメンタリー番組で観ました。

番組では、一人で20年以上の歳月をかけて修復作業をした女性修復家を紹介していました、かなり前に私が訪問した際もまだ修復中で大変な作業だな~と思った記憶があります。

 

秋の夜長又いろいろ興味を引く美術展が開かれそうで楽しみです。

 

 

No.384 久しぶりの奈良お寺巡り。

 

九月に入り猛暑は、ひと段落しそうな天候ですが台風の接近でまだまだ天候不順な日々が続いていますが皆様は如何にお過ごしですか。

そんな折、東京を離れて久しぶりに「奈良」に行ってきました。

 

 

京都が海外からの観光客であふれているようなので京都は避けて一路「奈良」へ。

奈良へは何度もお寺巡りをしていますが今回はまだ訪問したことがない「室生寺」と「長谷寺」が目的の寺巡りです。

 

 

初日に目的の両寺へですが、結論として両寺とも石段の多さに圧倒され、翌日は筋肉痛と相成りました。

女人高野「室生寺」は、山門から「金堂」「本堂」そして「五重塔」まですべて国宝で、「金堂」の内陣には「釈迦如来立像」を中心に国宝・重文の仏像が並び圧倒されました。

 

 

「五重塔」は、屋外に建つ五重塔としては最小のものであり平成10年の台風で大きな損傷を受けましたが、平成12年に修復、落慶したそうです。

問題は、その奥にある原生林に囲まれた胸突きの石段を上った「奥の院」までの急な階段です。

しかし今回の奈良お寺巡りでは一番印象に残ったのがこの石段でした。

 

 

「長谷寺」は、総門である「仁王門」を通り「本堂」までの399段ある上中下の三廊の「登廊」の石段が有名です。

大変SNS映えする登廊で誰もいないタイミングで記念写真を撮るのが難しい場所でしたが、それほどの混雑もなくOKでした。

 

 

室生寺と長谷寺の観音菩薩立像は、現在東京の国立博物館で開催されている「奈良大和四寺のみほとけ」展でお会いすることになりました。

 

 

今回は、斑鳩の里の三塔も訪問してきました。

 

 

「法隆寺」の五重塔は幾度も見ていたのですが、残りの二塔は訪ねたことがないのでこの際ぜひと思い急遽計画に入れました。

 

 

中宮寺では世界の三大微笑像と呼ばれている国宝の「如意輪観世音菩薩」に心洗われた後、少し離れた場所にある「法輪寺」と「法起寺」の二塔を訪ねました。

 

 

三井寺とも呼ばれている「法輪寺」にある三重塔は、国宝でしたが落雷により焼失し国宝解除となり再建を目指しようやく昭和50年に再建されたそうです。

 

 

又それから熱波の道を歩くこと数十分ようやく「法起寺」にたどり着きました。

 

 

国宝の三重塔は現存する我が国最古の三重塔だそうですが、来訪者もまばらで大変さびしいお寺でした。

寺の裏手にある建物の補修はされずに今にも朽ち果てそうでわびしさが残るお寺でした。

 

 

 

最後に「興福寺」にも寄ったのですが、人の多さがかえって「法輪寺」と「法起寺」の寂しさを思い起こされて色々考えさせられる奈良寺巡りでした。

 

 

奈良での定宿の「奈良ホテル」は、木造本館が耐震補強工事の為今回は新館泊まりで設備は本館よりは近代的で快適に過ごせました。

フロントロビーにある「上村松園」の「花嫁」にも再開できました。

 

 

No.383 45年ぶりの道東旅行。

 

日本全国台風などの影響で天候が不順続きで豪雨や猛暑の日々が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしですか。

マスコミ等で呼びかけていますが、皆様には体調管理怠りなく屋外では、過激な運動を控え水分補給をお忘れないように!

 

 

私は少し早目に夏季休暇を取って学生時代に行ったきりの北海道の道東エリアに45年ぶりに行ってきました。

結婚の時からいつかは北海道にオープンカーでドライブ旅行に行きたいとの念願を叶えての旅行でした。

東京から9年を共にしている愛車を伴い、大洗からフェリーで苫小牧まで約18時間の船旅でスタートです。

 

今回の旅のテーマは3つ、一つ目は“知床をガイドさんによる知床自然遺産のトレッキング”、二つ目は“釧路川のカヌーツーリング”、そして三つ目はチミケップ湖畔にある“オーベルジュ チミケップホテル”の食事と宿泊です。

 

北海道へは何度も家族旅行では行ってはいますが、札幌を中心にウイスキーの余市や小樽・富良野・トマムなどいずれも飛行機を使いレンタカーでの旅でした。

今回はカミさんとオープンカーでの二人旅、スケジュールは例のごとく全てカミさん任せです。

 

 

最初の知床トレッキングでは予定のコースが熊の出没で封鎖された為、普段は人が立ち入らず獣道でしか行けずしかも雨季には水没してしまう“ポンポロ池”へ案内してもらいました。

 

雨季でないこの季節のみ出現し、もちろん旅行者だけでは誰も行けないガイドさんのみ知っている草地です。

 

静寂の中でセミの鳴き声だけの不思議なそして素敵な空間でした。

 

 

二つ目の知床カヌー6時間ツアーは、久しぶりのカヌーの為和琴半島での訓練では、なかなか思うように漕げず苦戦しましたが何とか釧路川源流を下ることが出来ました。

又翌日の早朝でのカヌーツアーは、ガイドさんが漕いでくれたので、のんびり川下りを楽しめました。

 

 

最後のチミケップホテルは、北見市から道道をこれでもかと進み未舗装の車道を経てようやくたどり着く隠れ家的なオーベルジュでした。

 

ここは、海外で活躍した若い渡辺シェフの創作料理目当てのお客さん達でなかなか予約が取れないプチホテルで、TVも時計もラジオなど何もなくただのんびり時間を過ごし旬の美味しい料理を楽しむ大人の隠れ家でした。

 

 

今回期せずして訪問した帯広・広尾自動車道から行く“中礼内美術村”は、あいにくの雨でしたが小さな美術館が点在しており庭園を始め大変落ち着いた雰囲気で時間がたつのを忘れました。

 

又村の近くにあり“六花亭”が企画運営している“六花の森”も5名の作家さんの個別の作品館があり個々の作風を堪能いたしました。

 

 

今回の旅は、道内12日間約1700キロのドライブ旅行でしたが宿ごとのオーナーさんやガイドさんとの会話を楽しみ食事を楽しみ自然を楽しみの大変充実した旅となりました。

 

又想い出になる旅を経験させていただき感謝です。

 

 

No.382 MY ROOM MY AUDIO

 

 

どうやら東京も梅雨が明けたようです。

 

毎朝の会社までのお散歩通勤では、会社に着くまでに汗かきの私は朝シャワーを浴びたのに持参のハンディタオルが汗でグニュグニュになります。

 

そんな日々の今月、思わぬ事件?が起きました。

 

敬愛するジャズ・オーディオ評論家の「寺島靖国」先生のお声掛で我が家のオーディオルームを月刊誌の「ジャズ・ジャパン」が取材することになりました。

 

その月刊誌の寺島靖国の「MY ROOM MY AUDIO」の連載46番目の記事での取材です。

 

 

もともと学生時代のジャズ喫茶体験から、いつかは「今に見ておれ、僕だって」のスピリットを持ち続けて、当時のジャズ喫茶の音を自室で再現すべく当時のオーディオ装置を探しまくりようやく自分好みのジャズの音にやっとたどり着いた次第です。

 

そのオーディオ装置は、人に見せたり紹介したりするものでないので、最初は戸惑いましたが、なにせ敬愛する「寺島靖国」先生のリクエストを断れるわけがありません。

 

内心オーディオの音のプロの評論家でもある先生に自分好みに若干アレンジした音がどのように評価されるか少し怖いものはありましたが、どのような結果になっても“でもいいんだもん僕が気に入っているのだから”と開き直れば済む話ですからね。

 

 

取材当日は、最初先生から私がお気に入りのレコードから聞かせてください、とのお言葉からスタート。

 

レコードから音が出るなり先生は、オーディオ評論家の顔になり目をつぶってじっと曲を聴き入っていました。

 

曲が終わるなり一声、音がバラバラですね。と“のたわり”ました。

 

え~それかよ・・・

 

しかし、取材の最後にこの“バラバラ音”は、私が聴く50~60年代のモダンジャズのアナログ盤を聴く為に特化したオーディオ装置からであり、黄金時代のハードバップを聴くのには最適なサウンドを奏でていて、昔のジャズ喫茶の音を再現出来ていて良い音ですね。

 

と言われ、場数を踏んで耳が肥えている編集者も同意見でした。

 

ジャズを聴きだして45年、好きなジャズを思い切って聴きたいとの夢を実現した現在、まさか敬愛する寺島先生を自宅にお招きして一緒にジャズを聴くなんて思いもよらない事で、一生の想い出になりました。

 

好きなようにさせてくれているカミさんに“感謝”です。

 

 

No.381 浅草の夏の風物詩三大!

 

 

東京はまだ梅雨明けとなりませんが、私の地元浅草周辺では夏の風物詩として「植木市」「朝顔市」「ほおずき市」と三か所にて「市」が続けて開催されています。

 

 

植木市は、浅草寺近くの浅間神社(せんげんじんじゃ)周辺で開催され「お富士さん」と呼ばれて親しまれています。

 

近郊の植木商が観音裏より浅間神社周辺に集まり、丁度入梅時期の開催と重なり植木を移植するのに良いタイミングで「お富士さんの植木市」で買った植木は良くつくと言われています。

 

私が子供のころと比べて植木商が減ってきたのが少しさびしいです。

 

 

朝顔市は、開催場所は浅草駅より入谷駅に近く「入谷朝顔まつり」と呼ばれ「入谷鬼子母神(真源寺)」境内周辺で開催されます。

 

江戸時代に生まれた狂歌ブームの立役者「太田南畝」が詠んだ、「恐れ入り屋の鬼子母神」で有名です。

 

私は例年開催される日の朝早目に訪れ、朝顔が咲きそろう朝の光景をを愉しんでおります。

 

市では例年朝顔の造花が付く「お札」を頂いてきます。

 

朝顔の造花は、三色あるので毎年違う色を頂くのも楽しみです。

 

 

ほおずき市は、浅草寺境内で開催され「浅草寺ほおずき市」と呼ばれており、この日一日お参りするだけで「四万六千日」日参したのと同じご利益があるとされています。

 

境内には、よしず張りの露店150軒以上のほおずきを売る屋台がずらりと立ち並び、例年開催二日間で全国からまた海外からの観光客などで58万人以上もの参拝客で大変な賑わいがあり、本堂内では「雷除け」のお守りが授けられ人気を呼んでいます。

 

朱色のほおずきの鉢に吊り下げられた江戸風鈴の涼やかな音色は、夏を感じるのに十分な光景です。

 

 

浅草の夏の三大風物詩いかがですか。

 

次は、28日の「隅田川花火大会」です!

 

すでに準備は整っているようです。

 

下町浅草に生まれてよかった!