Blog ブログ

 

 

 

 President's Diary 社長日記

 

No.424 二度目の伊勢神宮参拝。

 

コロナ禍も次第に収まりつつあるのか地元浅草の人出も大変多くなってきました。

 

そんな中、我が家の日頃忙しい女性陣が静寂を求めて以前癒された「伊勢神宮参拝と蒲郡クラッシックホテル宿泊」を海外からの観光客が増える前に行くことを計画し私にも同行するかの話がありました。

 

現在セミリタイア状態の身ですのでイエスと即答いたしました。

 

「伊勢神宮」は、数年前に当時参加していた社団法人のメンバー達と参拝した事がありましたが、プライベートでは初めてです。

 

東京から名古屋経由で伊勢に入り「伊勢神宮」の豊受大神宮(外宮)より参拝に入りました。

 

天気も良く人出も思ったより少なくのんびり「正宮」を参拝できました。

 

途中「おはらい町」をぶらぶら散策し「おかげ横丁」で伊勢名物の赤福餅を頂きました。

 

「伊勢神宮」と言えば1300年にわたって続けられる我が国最大の祭典である「式典遷宮」が有名です。

 

神宮で最も重要なお祭り「神宮式典遷宮」は、20年に一度、「正宮」に隣接する御所敷地に「新宮」を建て、天照大神に御遷りいただくお祭りです。

 

その準備には8年の歳月をかけ神殿などをすべて古式のまま新しく調え納めます。

 

それらの詳細は、資料館の「せんぐう館」で知ることができます。

 

翌日は、人気が少ない早朝5時頃から静寂に満ちた皇大神宮(内宮)に参拝に行きました。

 

五十鈴川にかかる「宇治橋」を渡り「五十鈴川御手洗場」で参拝前に心身を清めてから「正宮」にゆっくりと参拝いたしました。

 

「内宮」の参道は、生命エネルギーの「気」を感じる不思議な環境で心身とも安らぎを覚えました。

 

日頃からストレスを感じている方には、ぜひ「伊勢神宮」に参拝することをお勧めいたします。

 

宿は、この日の為に内宮近くの「伊久」です。

 

以前女性陣が内宮に近く早朝より参拝するのに便利で食事もおいしい人気の宿だとのことで早くから予約を入れてました。

 

翌日は、日本クラッシックホテルの会のメンバー「蒲郡クラッシックホテル」に宿泊しました。

 

建物は、開業が1934年の景観重要建造物で「近代化産業遺産」に経産省から認定され歴史的価値も認められ外観は華麗で内装も格調高いアールデコ様式で一見の価値があります。

 

ディナーは、前回宿泊した際に気に入った「六角堂」で頂きました。

 

黒毛和牛のステーキをオーダーしましたが、今回なぜかメニュー落ちしていたブイヤベースを特別に料理してもらい満足の一日でした。

 

今月から海外の団体旅行客が来日するとのことですので、混雑する前に人気スポットは早めに行くようにしたいものです。

 

 

 

 

 

No.423 「熊野古道」巡りのプチ旅行!

 

地元浅草の賑わいは、ゴールデンウイークより少し前から人出の多さは感じていましたが、連休中TV等で紹介されることも増えたせいか誰の目にも大混雑の様子を呈しておりました。

 

地元民としては、正直連休明けのコロナウイルス感染者の激増が大変心配です。

 

通勤散歩の浅草寺境内で掃除をされている方々に話を聞いてもゴールデン期間中は、境内のゴミ等は日々増加していたとのことでした。

 

私は、ゴールデンウイーク期間を避け先月23日から26日まで以前より念願の紀伊山地の霊場と参詣道の一部として世界遺産に登録されている「熊野古道」にトレッキングに行ってきました。

 

「熊野古道」にはいくつかの参詣道がありますが今回の旅は、昔より最も多くの参詣者が歩いたとされる「中辺路」と呼ばれ「蟻の熊野詣」と例えられるほど多くの人々が歩いた古道を歩きました。

 

1日目は、東京から空路で南紀白浜に入り栗栖川バス停より「熊野古道中辺路」へ入り近露までの約16キロの山道のトレッキングでした。

 

深い森の新緑に輝く木々や川の流れなどの雄大な自然の中に石畳の道が続いており以前訪問した同じく世界遺産のNZのミルフォードサウンドのトレッキングコースを思い出しました。

 

宿泊した民宿は、家族経営のアットホームなもてなしで地元の食材を使用した料理や滑らかな天然温泉で満足行くものでした。

 

私たち以外の宿泊者は一組で、コロナの影響が山里離れた旅の宿にも大変影響していることを強く感じました。

 

参詣客が少ないせいか読売TVのインタビューを受け後日数分放送されたようでした。

 

2日目は、朝から生憎の雨降りで急遽予定を変更し滑りやすい山道を避けバスにてショートカットして雨の中の古道をのんびり楽しみながら「熊野三山」の一つで全国の熊野神社の総本山「熊野本宮大社」までの約12キロのトレッキングでした。

 

境内にはJリーグでも有名な足が三本あり目標達成や勝利への幸運をもたらしてくれる「八咫烏」の石像がありました。

 

トレッキングの途中でもすれ違ったトレッカーは、たった一人でしたが雨模様のせいか本宮大社でも参拝者は、驚くほど少なかったので神殿内の参拝順序通りゆっくりと参拝できました。

 

また大社旧社地の「大斎原」にある高さ約34m幅約42mの「大鳥居」は圧巻の一言でした。

 

宿泊は「湯の峰温泉」の宿で温泉と食事を堪能いたしました。

 

3日目は、旅の締めくくりで残り三山の二つ「熊野速玉大社」と「熊野那智大社」と最後に「那智の滝」を目指しました。

 

途中参拝した「神倉神社」の頂上にあるご神体の「コトビキ岩」まで石段が538段あり、垂直に近いほどの急傾斜で登るのも大変でしたが、下りは崖から転げ落ちるような感覚で転倒しそうで怖かったです。

 

最終日は、およそ10キロの道のりで、「熊野古道」3日間計約40キロの参道や鎌倉積石階段等を無事に終えることができました。

 

初めて歩いた「熊野古道」は、予想以上に楽しめた古道歩きの旅で機会を作り途中パスした参道を次回歩きたいと思って居ります。

 

健康のありがたさを感じる想い出に残るプチ旅行を楽しみました。

 

連休を避けてのプチ旅行は、混雑もなく楽しめますのでお勧めです。

 

最終日には、天候の悪化で予定便が欠航し急遽新幹線に変更しましたが、新大阪までの最終特急出発まで3分!というハプニングも良い想い出になりました。

 

 

 

 

No.422 美人画の二大巨匠展!

 

毎朝の散歩通勤での浅草寺境内の桜もそろそろ葉桜になりそうです。

 

あふれでる春の陽気に朝の散歩通勤も一日の始まりをより楽しくさせてもらっております。

 

今月も先月に続きテレビなどのニュースは、ロシアのウクライナ侵攻とそれに伴う対ロシア制裁そして新型コロナウイルス感染の再拡大を受けて上海など中国で再び実施されているロックダウンや解除後の日本国内のウイルス感染者数の増加など暗い話題で気が重くなります。

 

 

そんな中気分転換を兼ねて現在開催されている美人画の二大巨匠の展覧会に足を運びました。

 

一人目の巨匠展は、「東京国立近代美術館」で開催中の「没後50年 鏑木清方展」です。

 

パンフレットにもある様に「なんでもない一瞬が、なによりも美しい。」又「今を生きるあなたに見てほしい。」との言葉通りの鏑木清方の美人画展でした。

 

三年前に再発見され、その際に鑑賞させてもらった代表作の三部作「築地明石町」「新富町」「浜町川岸」とも再会できました。

 

個人的に清方が描く美人画が好きで、鎌倉にある清方の自宅跡の「鏑木清方記念美術館」には鎌倉に行くたびに何度も訪れております。

 

美人画でのもう一人の巨匠は「山種美術館」で開館55周年記念特別展として開催中の「上村松園展」です。

 

上村松園は、「西の松園、東の清方」とうたわれ、清方と同時期に美人画の大家として活躍した女流画家です。

 

松園は、生涯にわたり気品に満ちた女性像を描いて京都画壇で活躍し昭和23年に、女性として初めて文化勲章を受章し美人画の世界に新境地を開きました。

 

展覧会では、特に「新蛍」と「春芳」の美人画に心惹かれました。

 

今展示会ではお目にかかれませんでしたが、代表作で重要文化財に指定された「序の舞」も修復後拝見した際に思っていた以上の大作だったと記憶しており、機会があれば是非とも再会したいと思います。

 

期せずして桜の季節に同時に美人画の二大巨匠展に行けて良い想い出となりました。

 

東京も解除明けから又新型コロナウイルスの感染者数が増加しだし先行き不安な日々が続きますが、皆様ともお互いに体調管理怠りなく楽しく日々過ごせるようにいたしましょう!

 

 

 

 

No.421 弥生、三月どうなるウクライナ!

 

今年もあっという間に弥生、三月になりました。

 

この時期私は、人間ドックを受けて体調管理を心がけたり、年内の旅行計画を立てたりして日々楽しんでおりました。

 

しかし今年は先月の24日に起こったロシアによるウクライナ侵攻のニュースで改めて日本を取り巻く世界情勢を考える時間を持ちました。

 

ロシアのウクライナ侵攻により欧米諸国はロシアに対し強力な経済制裁の実施とスポーツ等の参加停止を決議しています。

 

ロシアの軍事的侵攻によりウクライナの軍事施設ばかりか民間の施設や民間人までもが打撃を受けており、この時代ならの「サイバー戦争」も呈しているようです。

 

しかしこの侵攻に対しロシア国内でも各地で「戦争反対」を訴える抗議活動が続いているようです。

 

プーチン政府と国民が必ずしも一枚板ではないことが幸いです。

 

個人的には、ロシアのウクライナ侵攻と中国における台湾有事をどうしても並列で考えてしまいます。

 

今回の件でもし後者が起こるとした際の日本に対する欧米の動きが大変気になりました。

 

日本からのウクライナに対しての寄付金が6万件を超え20億円超となることや楽天グループの三木谷氏が個人で10億円を寄付するなど復興に莫大な費用が掛かることを考え世界中からの援助が増えてゆく事と思います。

 

戦争からは何も生まれません、一日も早く平和が訪れることを切に祈っております。

 

私個人としては毎月のつたないブログでは出来るだけ政治や宗教の事は避けてきたつもりですが今回はどうしても思いを伝いたくて、あくまでも個人の考えです。

 

最後までお読みいただき感謝です。

 

次回は楽しいブログになる様に!

 

 

 

 

No.420 新型コロナウイルスとワクチン接種。

 

毎朝の通勤散歩のお決まりコースの浅草寺境内にある淡島堂の梅の花が早くも咲き始めました。

 

あっという間に一月も過ぎ3日には新型コロナウイルスの新規感染者数も全国で初めて10万人を超えてしまいました。

 

これで流行当初から累計では300万人に達したようです。

 

東京都も「まん延防止等重点措置」を適用し適用対象は35都道府県に拡大しました。

 

こうした状況ですから私もワクチン接種を早めにしたかったので、役所からの接種券が届いてから早速申し込み、一昨日、モデルナ製ワクチンで接種してきました。

 

2回目までは、ファイザー製ワクチンで接種いたしましたが、ファイザー製の接種希望者が多く私は早期に接種可能なモデルナ製を選択しました。

 

3回目でもあり役所も効率よく接種を進めていましたが、高齢者の中には事前の対応準備が悪く受付での接種券の書き込みや接種時に洋服を脱ぎ始めるなどの方が多くいて、これらの方々を見ていらだつ高齢者の方々も多く見受けられました。

 

接種当日は接種ヵ所の痛みや体のだるさはあまり感じませんでしたが、翌日は少しだるさを感じ活動を控えました。

 

先行きの見通しが立ちにくいこの新型コロナウイルスですが各自がより3蜜を避けマスクの着用や手洗いうがいを徹底し生活することで少しでも感染リスクを避けましょう!

 

これからも変異株のオミクロン株による流行の拡大による医療体制や社会機能に深刻な影響が及んでいることが大変心配です。