Blog

ブログ


President's Diary 社長日記

No.340 久しぶりの箱根ポーラ美術館。

朝の浅草寺境内も少しずつですが、秋めいてきました。

 

ずいぶん前に頂いた箱根ポーラ美術館の招待券が今月24日まででしたので、急きょ時間を作り箱根に行ってきました。

ポーラ美術館開館15周年記念展と題した「ピカソとシャーガール 愛と平和の讃歌」展です。

 

パンフレットによると、

 

20世紀を代表する芸術家パブロ・ピカソとマルク・シャーガールは、前衛芸術の中心地であった20世紀初頭のパリを拠点に、それぞれ独自のスタイルを切り拓きました。

その後二度にわたる世界大戦を経験しながらも、時代に向き合い、生涯にわたって旺盛に制作を続家ました。

ともに20世紀の芸術を牽引した彼らは、同じ時代を生きた同志でもあったのです。

 

とあります。

 

展覧会は、全く異なる様式の二人の芸術家の作品を対話のごとく並べて展示してありました。

何度も訪問しているポーラ美術館は、以前からピカソとシャーガールの作品を多く収蔵しておりおなじみの作品が多く目につきましたが、改めての見る両者の作品が対比展示されているのは新たな試みで興味を覚えました。

 

また美術館の裏手にある「森の遊歩道」は、機会がなく初めて行ったのですが、これがお気に入りだった那須の「二期倶楽部」のような雰囲気でなかなかでした。

次回も是非訪れたいと思いました。

 

少し遅くなったランチは、おなじみ「富士屋ホテル」のティーラウンジで初めてハンバーガーを頂きましたが、これがかなりボリュームもあり大変おいしかったです。

何時ものカレーを食べたかったのですが、時間がすでに過ぎて終了しており残念でしたが、そのおかげで食べた初ハンバーガーなどたまには浮気?してみるのも良いかな~。

 

久しぶりの箱根周辺は東京から近いこともあり少し込み合っていましたが、良い旅館も数多くあり飽きることがありませんね。

 

No.339 民藝展!

暑かった八月も今日で終了です。

汗っかきの私にとってこの時期は、汗拭きタオルが欠かせません。

一日二枚は使用します。

 

そんな時期に「日本橋 髙島屋」で昨日から開催されている、「用の美とこころ 民藝展」に行ってきました。

以下は、パンフレットからの抜粋です、

 

民芸運動とは思想家の柳宗悦を中心に、陶芸家の濱田庄司、河井寛次郎、バーナード・リーチらが提唱し名も無い工人が作った生活道具が持つ無意識の美を知ろうとする運動でした。

やがて共感を呼び、柳らが収集した民芸品を展観する「日本民藝館」が1936年に東京・駒場の地に設立されました。

以来、優れた民芸品の蒐集や保存、展覧会の活動などがなされ、2016年10月に創立80周年を迎えました。

 

とあります。

9月11日まで髙島屋で開催される「民藝の日本 柳宗悦と手仕事の日本を旅する」では民芸の黄金期であった江戸時代後期から昭和時代に焦点を当て、柳宗悦が日本各地で蒐集した、【日本民藝館】の所蔵品を中心に、各地の民芸館の所蔵品も加えた、約170点が展示され、日本人の日常の美意識のルーツがここに集っています。

 

3.11の東日本大震災以前に「日本民藝館」とは、館内の展示ケースを弊社の家具転倒システムで固定したのがご縁で知り合いました。

昨日の会場でのトークショー「柳宗悦の見出した民芸の美」をテーマに説明をされた、日本民藝館の学芸部長のS氏の大変民芸について分かりやすい説明も興味深く拝聴できました。

 

以前からのお知り合いのS氏ですが、大勢のお客さんを前に予定時間を多少オーバーしたのですが講師として失礼ながら大丸でした。

私も商品説明等をする際、時間をオーバーすることが多々ありテーマの絞り方など大変参考になりました。

興味があるかたは、会場や日本民藝館に行かれたら良いと思います。

 

No.338 今年の夏は・・・。

 

今年の夏は、例年になく雨模様が多い東京です。

からっと晴れた日があると思えば、突然の夕立や場合によってはなんと“ひょう”が降ったり雷さんが轟いたりと本当に例年になく変な空模様の日が多い気がします。

 

今年の私の夏季休暇は、お留守番で終了した感じでした。

数か月前に“かみさん”からフロリダに“ディズニークルーズ”に行こうと思うけど一緒に行く?の一声に、“う~ん”と返したのが結局お留守番となりました。

二度ほどフロリダのディズニーワールドに娘が務めていた際に観光に行ったことがあるので、今回はいいかなで“う~ん”と言ったのが敗因でした。

行きは、ボストン経由帰りは、シカゴ経由とのスケジュールを最初に聞いていれば、違う答えだったのにな~もすでに遅しでした。

ボストンもシカゴも行ったことはありますが美術館や美味しいステーキなどの料理が記憶に有ったので、大変残念なお留守番に成りました。

留守中は、友人たちに声をかけて遊んでもらったのですが・・・

次回は、旅のスケジュ―ルの詳細をもっと詳しく聞いてから答えようと思います。

この年になってからも会話の返事には“間”をおいてから返事をした方が良いとのお勉強をいたしました。

 

No.337 ちょっと気になるドラマ。

陽気のせいかここ数日身体がだる~い感じです。

例年夏場は、食欲も減少し体重も2~3キロ落ちます。

例年は、秋口に向けて体調も戻るのですが、今年はどうだか。

そんな中、最近ちょっと気になるドラマがあります。

 

テレビの帯ドラマはあまり見る機会はないのですが、このドラマは私の年代には大変興味深いドラマなので楽しみにしています。

生憎昼の12時半からの放送の為、毎回録画して帰宅後見ております。

ドラマ名は、「やすらぎの郷」で倉本聰さんのオリジナル脚本の作品です。

主演は石坂浩二で浅丘ルリ子、有馬稲子、加賀まりこ、五月みどり、野際陽子、八千草薫、藤竜也、山本圭、ミッキー・カーチスら昭和を代表する俳優陣や草刈民代、風吹ジュン、常盤貴子が共演している我々の年代ではおなじみのスター達のドラマです。

それにオープニング曲が中島みゆきの【慕情】がこのドラマにぴったりの感じです。

Wikipediaの概要によれば、俳優や歌手、ミユージシャン、脚本家などの昭和世代にテレビの世界で活躍した人物だけが入居する、東京郊外の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」を舞台に、家族の絆・友情・愛情・死などをテーマに現在のテレビの在り方に対する批判も盛り込み、ユーモラスかつシリアスに描く「大人のための帯ドラマ」です。

放送された初回から視聴率は、8.7%を記録し同時間帯の他局の情報・バラエティ番組を上回って、中高齢の視聴者向けの新設枠として好スタートを切ったようです。

残念ながら、野際陽子さんが放送期間中の6月13日に亡くなられた為本作が遺作となりました。

放送期間が9月まで予定されているので興味がある方がいらっしゃれば是非ご覧ください。

倉本聰さんならではの脚本で、共演者達の過去でのプライベートの内容も盛り込まれており、我々世代には”にやり”とする場面が多々あり毎回楽しみに鑑賞しております。

 

No.336 お気に入り店舗・宿泊施設の閉店。

暑さ寒さに弱い?私としましては、毎日の暑さにかなり消耗しております。

毎朝の通勤は、家から会社まで徒歩で行くのですが、昨日は浅草駅からしばらくぶりに電車にての通勤となりました。

持参のハンカチも汗でぐしょぐしょです。

そんな折、お気に入りの店舗と宿泊施設が相次いで閉店することになりました。

 

浅草で数代にわたり佃煮を作り続けていた「鮒金」が先月一杯で廃業いたしました。

私の子供のころから親しんでいた、鮒金の小エビやカツオの角煮は、もう食べられません。

店舗の入り口に小さな紙に“お知らせ”と書かれた廃業の文字が悲しい気持ちにさせられました。

仕方なく、好きなものだけを大量に爆買して冷凍保存いたしました。

それにしても後継者不足と店主の高齢化にての廃業、何とかならなかったのでしょうかね~。とても残念です。

 

又ここ数年我が家の感性に合う宿としてお気に入りの定宿?の那須「二期倶楽部」が8月末で休業することになりました。

先月にお気に入りの本館(6部屋のみ)に宿泊したのですが、家族の都合もあり今月再度本館に宿泊いたしました。

「二期倶楽部」は、食事も部屋も備品も広いガーデンもすべて我が家ではお気に入りのリゾートホテルです。

特に本館での朝食の“卵かけごはん”は、絶品です。

スタッフの方々も含め、あの環境が今後どうなるのか心配です。

 

世の中各分野で様々な変化が驚くようなテンポで進んでおります。

私達の身の回りも2020年の東京五輪を契機にどうなることやら。

もう少し緩やかに地に足をしつかり付けて歩めないものでしょうかね。

年寄(本人はまだまだと思っておりますが)の独り言です。