Blog ブログ

President's Diary 社長日記

No.352 旅するフランス風景画展。

 

スギ花粉の季節は過ぎたはずですが、スギ花粉症の私は先月の旅行中全く異常がなかったのに帰国後かえってひどくなりました。

とうとう嫌いな病院で精密検査を受けたところ、異常にアレルギー値が高いとの検査結果が出て現在治療薬のお世話になっています。

 

そんな体調状態ですが、先月の旅行中にタイミングが合わず訪問できなかったモスクワの「プーシキン美術館」のフランス絵画コレクションがなんと東京都美術館に65点もの作品が来日しています。

モスクワで観れなかった作品がここ東京で観れるなんて・・・。

 

なかでも今回の目玉は、やはり初来日となるクロード・モネの「草上の昼食」でしょうか。

印象派の誕生前、26歳の若きモネの魅力あふれる作品で同時代の人物たちと自然の風景が見事に調和したモネ初期の代表作です。

まさにフォンテーヌブローの森でのピクニックの情景が憧れのマネの同名の絵画に触発され若きモネらしいみずみずしい色彩で表現されています。

 

一方、もう一つの目玉であるアンリ・ルソーの「馬を襲うジャガー」は、パリに居ながら豊かな想像力で熱帯のジャングルでの情景をルソーらしく描いた作品です。

この両作品の前は案の定多くの人たちで溢れていて残念ながら作品をまじかでじっくり鑑賞出来ませんでした。

やはりモスクワでゆっくり鑑賞したかったな~と心底思わずにはいられませんでした。

しかし考えようによっては、現在プーシキン美術館には65点もの作品が日本に貸し出されているわけでモスクワには無いと言うことです。良かったような・・・複雑です。

 

生意気なようですがやはりお気に入りの作品は、収蔵されている現地の美術館で思う存分マイペースで鑑賞するのがやはり一番ですね。

しかしモスクワは寒かったので次回は温かいところが良いかな~。

 

No.351 桜と初ロシアの旅。

東京は桜が満開を迎え毎日家から会社までの通勤散歩では、観音様の境内から墨田公園の桜並木まで目を楽しませてもらっています。

またこの時期休日の散歩に上野公園内の国立博物館にある庭園が解放されゆっくり桜を鑑賞できるのでこれも楽しみです。

我が家では桜鑑賞の後の帰り道は、おなじみ「井泉」で特ロースかつを食べるのが毎度のお約束です。

 

日本で桜の開花ちょい前に以前から行きたかった、ロシアのサンクト・ぺテルブルクにある「エルミタージュ美術館」を訪問してきました。

世界三大美術館のひとつで輝かしいロマノフ王朝の栄華に包まれ、元は王朝の「冬の宮殿」と呼ばれた美術館です。

収蔵美術品数が約300万点と言われ全展示室を歩くと20km以上になる世界屈指の大美術館です。

本館のほか印象派を集めた新館と併せて約6時間ほどの見学でしたが今まで訪問した、メトロポリタン美術館やルーブル美術館とまた違った印象を受け良い思い出になりました。

鑑賞したい作品も身近でゆっくり・じっくり眺めてきました。

お気に入り絵画とのツーショット写真もばっちりです。

 

ロシア滞在中は、この季節では珍しい奇跡の快晴でしたが、ホテルからロシア・バロック様式の建築で世界遺産にもなっている「エカテリーナ夏の宮殿」に行く際の屋外は、東京では経験したことのないマイナス15度としびれるような寒さでした。

特にこの宮殿内では、壁一面が琥珀のパネルに覆われ琥珀芸術の最高峰と言われる「琥珀の間」の圧倒的な豪華さには言葉を失いました。

 

サンクト・ペテルブルクではネオ・ルネッサンス様式の外観で世界的に有名な「マリインスキー劇場」で本場のオペラを鑑賞しましたが、上映時間約4時間で途中旅の疲れか二度三度コックリいたしました。

でも最後にはブラボ~を観客一堂に混じり連呼いたしました。

 

帰りはモスクワに戻り世界遺産の「赤の広場」や「クレムリン」「国立百貨店」の意味を持つ「グム百貨店」などを散策いたしました。

丁度、大統領選挙期間とぶつかり普段よりセキュリティはかなり厳しいようでした。

(プーチン大統領がクレムリンからヘリコプターで出かけるところにも遭遇いたしました。)

 

この時期、やはりロシアも寒いので比較的観光客も少なくて、ゆっくりと美術館内の絵画を鑑賞出来、大変満足できる旅となりました。

今年は夏にもう一つの旅が控えていますので体調管理怠りなくです。

 

 

No.350 冬季五輪で感じたこと。

日本が史上最多13個のメダル(金4、銀5、銅4)を獲得した平昌五輪が終了しました。

連日日本選手のメダルラッシュの報道がなされ私も大いに楽しませていただきました。

でもメダルの数だけ、ドラマや感動する裏話があったと思います。

 

日本選手の活躍に隠れてしまい、本来ならもっと大きく取り上げても良い選手の筆頭は、スキーアルペンの女子スーパー大回転とスノーボードパラレル大回転の両方で金メダルを獲得したチエコのレデッカ選手は本当にすごいと思います。

信じられません。

 

私的に平昌五輪で一番印象に残った選手は、日本選手団の主将を務めた「小平奈緒」さんです。

帰国会見でも五輪前に目標として掲げた「日本選手団の百花繚乱」を口にしました。

立派な内容なのでその通り書かせていただきます。

 

「たくさんのメダルを獲得できましたが、重要なことは平昌五輪に出場した選手みんながそれぞれの舞台でそれぞれの思いを胸に、力強く最後まで戦い抜いたことを私は皆さんに見て頂きたかった。たくさんの競技でそれぞれの思いを胸に、きれいな花を咲かせてくださった」

と全選手の健闘をたたえ、

 

この花たち、メダルを輝かせることが出来るような競技生活を今後もみんなで送っていけたらいいなと思います。また、これがこの後行われるパラリンピック、20年に行われる東京五輪の選手にバトンタッチできるよう、次のチャレンジに向かって頑張ってゆきたい」

と日本のアスリートを代表して抱負を述べました。

 

彼女は、ずっと短距離のエースとして日本のスピードスケートを牽引してきました。

卒業後後援者を得ての2010年のバンクーバー五輪ではパシュートで銀メダルは取っても得意とする500メートル、1000メートルの個人種目では、もう一歩のところでメダルに届きませんでした。

その為、ソチ五輪の後単身でオランダ留学をして、フォームや練習法を変えていったそうです。

覚悟の2年の留学をやってのけ、ワールドカップ500メートルでは15連勝、1000メートルでは、世界記録を打ち立て平昌に臨みました。まさに栄光の陰に努力ありですね。

プレッシャーのかかる中1000メートルで銀、500メートルでは五輪新で見事に金メダルを獲得しました。

これはスピードスケートで日本の女子選手史上初だそうです。

中でも500メートルの競技終了後にこの種目3連覇を狙う韓国のエース・李相花(イ・サンファ)選手と互いに健闘をたたえる抱擁シーンは今五輪で一番の感動を呼び、小平選手のスポーツマンシップは多方面から賞賛を集めました。

これには、韓国の国民にも感動的に受け止められたそうです。

 

その他パシュートとマススタートの高木姉妹の大活躍やジャンプの高梨選手も念願のメダルを取り、カーリング女子のLS北見の選手たちの活躍も大いに話題になりました。

彼女たちの笑顔が印象に残っています。

惜しくもメダルには届きませんでしたが、フィギアの宮原・坂本選手も大健闘でした。

どうしても男子選手よりは女子選手の活躍が印象に残る平昌五輪でした。

これから始まるパラリンピックも応援せねば・・・。

 

 

No.349 寒さと整理整頓との関係?

連日日本海側のエリアは、寒波に見舞われ大雪の為交通渋滞や日常生活に大きな支障をきたしています。

東京育ちの私はTV等で北国の冬の生活の大変さを何となく感じるだけですが、屋根に積もった雪を下す大変さもそれによる落下事故の多さも想像でしか理解できません。

 

冬場の雪の状況で毎年行くXCスキーも今年は、かみさんが忙しくてまだ実現していませんが、今開催中の冬季オリンピックの華やかな面の裏には雪国の大変さも存在することを忘れてはいけないのでしょう。

私のように遊びのXCスキーと競技としてのXCスキーは勿論全くの別もんですが、オリンピックに参加できる選手の凄さは計り知れません。

又4年に一度のオリンピック選手に選ばれるだけでもすごいことですしその努力は大変なものです。

選手達には選ばれたことや他国の選手たちとの交流を楽しんで結果の良し悪しに関係なく無事帰国してほしいものです。

 

そんな中連休に一念発起して家族総出で事務所の整頓を敢行致しました。

古いカタログや終了した物件の資料などの破棄です。

内容を確認しながらの分別に手間取り“どっと”疲れました。

無事に終了したら“ご苦労さん”で美味しいものを食べようとしたのですが、そんな時に限ってお店が一杯で入れなかったりして増々疲れが倍増いたしました。

頑張った整理でしたが2日で終了できず来週も続ける予定です。

中には10年以上も前の資料もあり、これでは確かに運気が下がると言われても仕方がないと観念し、整理整頓をこれからは日々心がけようと思った次第です。

 

皆さん方は日々身の回りの整理整頓を心がけていらっしゃるでしょうが、私の場合これほど物を捨てられずにため込むのは私の習性でしょうからすぐには解消できません。

根っからのアナログ人間ですのでなんでもすぐコピーしますので資料がどんどんたまります。

どうしたらよいでしょうね~良いことも有るのですが・・・。

 

 

 

No.348 年明けから・・・。

年明けからすでに三週間ほどたちましたが、みなさまはいかにお過ごしですか。 

遅ればせながら今年も宜しくお願いいたします。

 

昨日22日は首都圏に大雪が降り、雪に弱い東京の交通機関をあらためて感じた次第です。

帰宅時間と雪のピークが重なり交通機関は、大混乱となったようです。

帰宅するのにお疲れの方も多かったのではないでしょうか。

 

個人的なことですが年末に風邪をこじらせ、6年ぶりに古くからお世話になっている近所の医院に駆け込みました。

寝正月を決め込んでいたのですが、今年に限って来客が続き楽しい時間を過ごせているうちは風邪の菌もおとなしくしていたのですが、来客が途切れた途端に風邪の菌どもがいたずらを始めました。

風邪の諸症状に加え薬のせいか胃もやられ食欲も減退し身体の力もぬけて最低の状態です。

巷ではインフルエンザが流行しております。

幸い私は単なる風邪のようですが、皆様もくれぐれお気負つけください。

そのようなわけで年明けから体調に関しては、多難な船出となりましたが、気持ちを引き締めてより良い年にすべく前向きに前進です。