Blog ブログ

 

 

 

 President's Diary 社長日記

 

No.419 新しい年が始まりました!

 

新年あけましておめでとうございます。

 

今年も宜しくお願いいたします。

 

例年「年賀はがき」によるご挨拶を行っておりましたが、社会情勢もあり今年からネットでのご挨拶に代えさせていただきました。

 

昨年もコロナ禍で友人達と接する機会が減り、人と会うことでパワーアップする性格である私にはつらい一年となりました。

 

また経済も落ち込み今一つ盛り上がりに欠ける一年でした。

 

 

 

年末は、家族で「京都」を中心に比較的空いている神社巡りと美味しい料理を楽しませてもらいました。

 

唯一なぜか家族の中でお酒が一番弱い私にとって「伏見」の酒蔵巡りのみは少し時間がきつかった。

 

年明けの地元「浅草寺」周辺の賑わいは、昨年に比べ人出の多さに新型コロナウイルスの影響が大いに心配でしたが、案の定新型のオミクロン株が急拡大し沖縄では新規感染者が急増して第6波に突入した模様です。

 

一方米国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が一日当たり100万人を超えたとの発表があり過去最多を更新しました、とても日本では考えられない数字です。

 

既に新型コロナウイルスによる死者数が、アメリカ最大の戦争である「南北戦争」の死者数(推定62万から75万人)を超えています。

 

これはワクチン接種の分極化のようで連邦主義のアメリカでは北東部の州に比べ南部州の接種率が低く感染対応が難しいようです。

 

それにしても日本では米国のような感染爆発はしていません。

 

ワクチン接種率があまり違わない日本と米国でこれ程の違いの理由の一つが理化学研究所の発表による「日本人の約6割にある白血球の型を持つ人は、コロナウイルスへの交差免疫がある」との事です。

 

またそれ以上に専門家が有力というのが「サージカル不織布マスク」だそうです。

 

国民の多くがコロナへの免疫力がある上に常にマスクを着用しているので、感染を低水準に抑えています、欧米ではマスクの着用が上手くできておらず、また「ウレタン製マスク」などが多いようです。

 

日本ではこれから3回目のワクチン接種が始まりより重症化を未然に防ぐと思われます、これに加え常に「マスク着用と手洗い・うがい」を心がける事により感染拡大を防ぎ医療従事者の負担を軽減化することに繋げましょう!

 

やはり欧米と比べ感染率が低いのは、国民性によるところですかね。

 

 

 

No.418 秋の箱根の楽しみ!

 

朝晩の冷え込みが身に染みる季節になりました。

 

通勤散歩の地元浅草の観音様境内の木々も少しづつ冬支度を始めているようで落ち葉が目立ち始めました。

 

久し振りに紅葉の箱根地を訪ねてきました。

 

宿は定宿「箱根富士屋ホテル」昨年のリニュアル後の宿泊以来の訪問です。

 

一見耐震補強工事後も以前と変わらないようですが構造的には新築と同じで大工事でした。

 

常連客?の為か毎回ありがたいことに部屋は、アップグレードされて今回も「花御殿」でした。

 

午前中は、「ポーラ美術館」での絵画鑑賞と庭園の「森の遊歩道」を40分ほど散策し、美しい自然と共存する彫刻作品に心癒されました。

 

宿の楽しみは温泉と食事ですが、最近宿での夕食は、フルコース料理では食べきれずにすべてアラカルトメニューから選んでいます。

 

富士屋ホテルでの私のお気に入り料理は、シーザーサラダとコンソメスープです。メインは肉か魚かその時の気分で選んでいます。

 

コース料理では、このお気に入りのコンソメスープが少量ですが、アラカルトでは好きな量をボールに入れてもらえます。

 

改装後お風呂が広くなり近代的なホテルと変わらなくなり、よりリラックスできるようになりました。

 

特に「花御殿」の部屋は天高が高くて快適に過ごせます。

 

持参のモルトウイスキーをジンジャエールで割る最近お気に入りのウイスキーカクテルを楽しみ、のんびり過ごさせてもらいました。

 

翌日の朝食は、別棟の和食料理の「菊華荘」で朝粥料理を楽しみました。

 

こちらでの食事は、ごはんでなく朝粥がお薦めです。

 

帰途は東名高速道路が工事中とのことで、小田原経由にして久しぶりに老舗料理店で建物が国登録文化財に指定されている「だるま」で鯵寿司と天丼・お刺身を美味しく頂いてきました。

 

往復約250キロの「箱根」は、我が家では美術館めぐりと散策と美味しい料理を楽しみ、アウトドアで季節ごとのトレッキングと冬場のXCスキーを楽しむ「日光」との近場二カ所が昔から我が家のお気に入りのエリアとなっています。

 

コロナ禍の今、3蜜に気を付けて人に迷惑をかけることなくこれからも人生を楽しんで行こうと思っております。

 

それには健康一番ですが。

 

 

 

 

 

No.417 緊急事態宣言解除後の旅行!

 

週明けの今日の朝は、上空に寒気が残り、晴れて放射冷却が効いた影響で冷え込みが強まり地元浅草の観音様境内でも一番の寒い朝でした。

 

 

宣言解除後、延び延びになっていたこの時期我が家で慣例?の「上高地」にようやく行ってきました。

 

緊急事態宣言が全面解除され秋晴れも手伝ってか上高地も過去7度の訪問でも経験したことのない人出でした。

 

おなじみの大正池や河童橋にも早朝から人出も多く、特に徳澤のキャンプ場でのカラフルなテントの多さにはビックリいたしました。

 

定宿の「上高地帝国ホテル」では、東京からの応援で来ていた「オールドインペリアルバー」のチーフバーテンダーとも知り合い東京での楽しみが増えました。

 

二泊三日で上高地周辺を山手線一周相当の36キロのトレッキングを楽しみました。次回は涸沢を目指そうと思います!

 

キャッチフレーズの「上高地で大きく深呼吸!」でリフレッシュ、やはり都会育ちには、自然が一番の薬です。

 

 

 

今月は、もう一つの薬がありました。

 

以前より訪問したかった、小田原文化財団「江之浦測候所」にも行くことができました。

 

知り合いの建築家から予定していたメンバーが急遽キャンセルになり良かったら一緒に行く?の一声での参加です。

 

完全予約制の為、中々予定が合わず訪問が延び延びになっていた待望の施設です。

 

財団設立者の「杉本博司」さんのアートに対する意向や趣旨が反映され、正に氏のこだわりの塊のような見ごたえのある施設でした。

 

施設内は、安全に楽しむ為に注意事項が色々ありますがこれも氏の意向に沿ったものばかりでした。

 

「江之浦測候所」のロケイションは、箱根外輪山を背にして相模湾を望みこの自然を借景にして室町時代や飛鳥・天平時代などの移築建築と作庭は構成されていました。

 

地震後のプチ旅行でしたので電車の遅れに悩まされましたが、無事無人の根府川駅からシャトルバスで待望の施設にも行け良い思い出となりました。

 

次回は、春分や夏至などの日の出をぜひ施設で見たいと思いました。

 

 

 

 

 

 

No.416 最近色々と思い当たる事。

 

「東京2020オリンピック・パラリンピック」も何とか無事終了いたしました。

 

大会完遂は、「日本の総力の結集と試行錯誤の結果」と言われています。

 

大会には、コロナ感染対策費が政府809億、都400億の予算の追加があり終了後の巨額赤字が心配です。

 

コロナ禍の中で困難を乗り越えて行われたこの「東京2020オリンピック・パラリンピック」は、人々に勇気と感動を与えた大会として成功したと記憶されるだろうとIOCは記しているとか。

 

私個人としては、より感動したのはパラリンピックのパラアスリートの活躍した姿でした。

 

もし自分ならあそこまでの精神力があるだろうかと。 

 

人ってその気になれば不可能な事はない!と感激し又世界中の人々に勇気と感動を届けたと思います。

 

 

 

足掛け二年にわたるコロナ禍で戻るべき普通の世の中が見えなくなりつつありますが、仲間内では不自由なく食事してお酒が飲めるような時期が来るまで辛抱しましょう!とメールなどで慰め会っている状況です。

 

ほとんどの友人たちは既に高齢者に属しワクチンを二度打っているので意外とこの現状をラフに捉えているようで、自分達で経済を回さねばとマジで考えている模様で、すでに複数人で会食等を始めております。

あきれるばかりです。

 

そんな折、最近サントリーホールディングスの新浪社長が「45歳定年制」の導入についての提言したことが波紋を呼んでいます。

 

経済評論家が指摘しているように、これは、「定年」という言葉がビジネスパーソンにとっては、「期限を決められて職を失う時」と解釈されているからで「定年」という言葉の使い方が誤解を生じたようです。

 

新浪社長は、「45歳から準備をしなさい」とでなく、「ビジネスパーソンたる者は、45歳から新たなスタートが切れるように、20代、30代の頃からスキルアップの準備や勉強を重ねて備えておこう」との趣旨からの発言で「定年」の言葉が独り歩きしたとのことです。

 

確かに、45歳くらいで過去のビジネス経験を生かしつつ、起業したり、スタートアップ企業に身を投じる人達が現れるなら、欧米やアジアの中でも遅れを取っている日本経済界に一石を投じ刺激を与える素晴しい事ですし、またその結果本人にも幸せが来る場合があるかもしれません。

 

私個人の場合も35歳で起業し多くの方々の協力を得て今日まで何とか会社を継続させて頂いており心底感謝の念を持ちつつ、少しでも社会のお役に立てるモノをと考えオリジナル製品を市場に送り出しております。

 

しかし世の中の大半のビジネスパーソンが起業などの意欲や野心を持ってはいないだろうし、その機会に恵まれているわけではありません。

 

私も今日が来るまでは家族の協力や友人たちの紹介やアドバイスなしには到底ここまでとてもこられなかったと思います。

 

「成功の陰に努力有り」事を御成し遂げるためには目に見えない苦労を伴いますが信念を持ち努力を継続してゆけば「道は開ける」ものとの実感を持っております。

 

それにしてもコロナの先行きがどうなるのかとても心配です。

 

部屋ごもりから早く脱出して気兼ねなくトレッキング等に行きたいと念じております。

 

 

 

 

 

No.415 東京オリンピック閉会と新型コロナウイルスの感染状況。

 

ここ数日大雨警報が発令され東京でも連日豪雨が続いていました。

 

お盆休みの最中はステイホームを続け掃除と部屋の整頓と音楽三昧の日々を過ごしましたが、やはり人と会えず飲食店にも行けず少し気分が滅入っております。

 

皆様はどのように過ごされましたか。

 

 

 

新型コロナウイルスの影響で史上初めて開催が一年延期となるなど開催前から大会開催について賛否両論があった「東京オリンピック」も何とか無事に閉会し日本は、過去最多の27個の金メダルなど史上最多の58個のメダルを獲得しメダルラッシュに沸きました。

 

残念ながら開催前にIOCのコーツ氏が述べていた「日本の世論は、メダルラッシュでコロット変わる」との予言が的中しました。

 

一方で開催期間中も新型コロナウイルスの感染が拡大し続けました。

 

世界の感染者総数も2億793万人を超え死亡者総数も437万人を超えた模様です。

 

東京都も「緊急事態宣言」が発令され連日感染者数もかってないほどの速度で感染拡大が進み新規陽性者数が急増し制御不能の状況です。

 

既に災害時で「自分の身は自分で守る」状態です。

 

新型コロナウイルスの感染は、年齢が高い人ほど危険な病気です。

 

データによると65歳以上では、ワクチン接種を二回すると致死率は四分の一以下に下がるとのことですが、新型コロナに感染しないわけではなく死亡率を大きく下げる効果はあると思われます。

 

現在東京でも感染すると病院に入院することが難しい状況になっており、感染者のおよそ85%の方が「自宅療養」することになり家族の不安と負担が増加している模様です。

 

私も2回のワクチン接種はすでに完了しておりますが、あらためて新型コロナウイルスに感染しないことを目標に3蜜を避け日々予防に努めたいと思います。

 

来週からパラリンピックも開催されるようですが、開催中の新型コロナウイルスの感染拡大が今から大変心配です。

 

皆様もくれぐれもお気御付けください。