Blog ブログ

 

 

 

 President's Diary 社長日記

 

No.443 年明けからの日々。

 

皆様は、どのようなお正月を迎えられましたか。

 

正月でもあり地元浅草では、観音様周辺の名のある店舗は相変わらず観光客でどの店も長蛇の列をなしており、特に雷門での記念写真撮りは、大変な混雑です。

 

また最近は、着物に着替えて人力車に乗り浅草周辺を回る外国の観光客が頻繁に目に付くようになりました。

 

昨年の11月から開催されている、「世田谷美術館」の「倉俣史朗のデザイン 記憶のなかの小宇宙」にやっと行くことが出来ました。

 

案内のパンフレットにもありましたが、没後30年を過ぎて開催されたこの展覧会は、家具やインテリアの仕事に加え創作の源泉を垣間見せるかのようなイメージスケッチや夢日記も紹介され、一風変わった家具や特色のあるインテリアデザインの背景を理解できました。

 

1965年の独立後に同時代の美術家達とも交流し独自の作品を発表しつつ1980年代にはイタリアのデザイン運動「メンフィス」に参加しその名は、一躍世界中に浸透していきました。

 

作品は、各国の美術館に収蔵され今なお高い評価を受けています。

 

残念ながら1991年に57歳という早過ぎる若さで亡くなりました。

 

展覧会では、代表作の造花の薔薇を透明アクリル樹脂に封じ込めた椅子「ミス・ブランチ」・板ガラスを組み合わせただけの「硝子の椅子」やエキスパンドメタルの椅子「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」などの実物を見たり座ったり(特に後者は)できました。

 

個人的には、40年ほど前に商品説明に伺った際にお会いして頂いた名刺は、貴重な「記念の名刺」となっています。

 

今月から開館20周年記念展として「パナソニック汐留美術館」で開催されている「フランク・ロイド・ライト 世界を結ぶ建築」にも行くことが出来ました。

 

会場のパンフレットにもある様に、今回は特に「帝国ホテル二代目本館100周年」ともなり帝国ホテルを基軸に、多様な文化と交流し常に先駆的な活動を展開したライトの姿を明らかにした展示内容となっていました。

 

フランク・ロイド・ライトと言えば、「落水荘」や以前訪問した事のある「グンゲンハイム美術館」で知られるアメリカ近代建築の巨匠ですが、日本でも現在明治村に一部移築保存されている「帝国ホテル二代目本館」や「自由学園」(両建築も行きました)を手掛け、それに初めて知ったのですが、熱烈な浮世絵の愛好家の顔も持つ、日本とも縁のある建築家だったそうです。

 

勉強になりました。

 

今年も色々な展覧会にお邪魔できそうで今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

No.442 師走あれこれ。

 

一年は早いもので今月もあとわずかとなりました。

 

地元浅草は、相変わらず観光客で賑わっております。

 

個人的に好きな夜間の観音様境内でもライトアップが人気のようで以前より観光客の姿が多いような気がいたします。

 

地元の賑わいは嫌ではありませんが、少し離れてのんびり出来る温泉を目指して静岡の「梅ヶ島温泉」に行って来ました。

 

宿泊した「梅薫楼」は、梅ヶ島温泉で一番の伝統と規模を誇る老舗で約150年の歴史を有している宿です。

 

梅ヶ島温泉は、古くは武田信玄の御用達、江戸時代は鬼平犯科帳の舞台など伝説の秘湯だそうです。

 

特に天然硫黄泉の「穴風呂」と山菜料理や「鱒甘露煮や猪鍋」が自慢の宿で何となく古びた雰囲気で気に入りました。

 

ぶらりと近所を散策しましたが、落差100m垂直に切り立った岩の上から落ちる水しぶきが壮観だった「安倍の大滝」や木立の中を細長く三段になって流れ落ちる「三段の滝」が特に印象に残りました。

 

帰りにNHKの大河ドラマで話題になっている家康ゆかりの「駿府城公園」にある「紅葉山庭園」の立礼席でお抹茶を頂き充実した時間を過ごせました。

 

今月で73歳になるので横浜の「ホテルニューグランド」で誕生日を祝ってもらいました。

 

「ホテルニューグランド」は、日本クラッシックホテルの会のメンバーで今回の宿泊で三巡目になります。

 

重厚な雰囲気は相変わらずで、特にクリスマスシーズンとあってクラッシックなクリスマスツリーが素敵でしたし、いちごフェアでの豪華な「いちごパフェ」も美味しかったです。

 

この一年健康の大切さを改めて感じることが多々ありました。

 

健康であれば登山にも旅にも行かれますし温泉に浸かったり美味しいものも食べることもできます。

 

来年も健康管理怠りなく感謝の気持ちを持ち日々楽しく家族と過ごせるように心掛けてゆきたいと思います。

 

年末飲食の機会が多いと思われますが、皆様にとって健康でより良い年を迎えられますように!

 

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

No.441 久しぶりの「清里」と昨年もの「宮古島」。

 

相変わらず地元浅草は、海外からの観光客で溢れかえっています。

 

昔から良く行く飲食店も予約なしでは入れなくなりました。

 

特に休日以外の平日でも、浅草寺周辺の混みようは驚くばかりです。

 

 

浅草を逃れて、ようやく家族全員で6年ぶりに清里のペンション「ゲストハウス・バーネットヒル」に行って来ました。

 

バーネットヒルは、我が家では38年前からお世話になっているペンションです。

 

久しぶりにオーナーのIさんご夫妻に会い楽しい時間を過ごさせてもらいました。

 

いつまでもお元気でいてほしいです。

 

清里では、「尾白川渓谷」や日本酒の「七賢」・お馴染みの「清泉寮」それに懐かしの「八ヶ岳高原ヒュッテとロッジ」などに行き新鮮な空気と食事を楽しんでとてもリフレッシュ出来ました。

 

そのリフレッシュついでに昨年初めてお邪魔した「宮古島」にも家族全員で行くことが出来ました。

 

昨年は、宮古島の帰りに沖縄本島にも寄ったのですが、中心地の車の渋滞と人込みで今回はパスしました。

 

昨年気に入ったプール付きのビラと偶然昨年と同じ車となったレンタカーを借りてのんびりの「宮古島」を堪能いたしました。

 

各自滞在中はフリータイムとしましたが、昨年「宮古島」から渡った「伊良部島」以外の二つの島、「池間島」と「来間島」には行きたかったので私からリクエストしました。

 

両島へは現在は伊良部島同様に各々長い橋が架かり車で渡れます。

 

滞在中夕食は地元の「ドンキー」で食材等を買いビラにてバーベキューをしてわいわいと飲んだり食べたりして楽しみました。

 

家族は各々がスキューバーやプールで愉しんでおりましたが、私は、ビラ近くの「ワイワイビーチ」でライフジャケットを付けて海水に浸かって漂っておりました。

 

観光は、「雪塩ミュージアム」でソフトクリームに各種の雪塩でトッピングをして味の違いを楽しんだり昼食は「ガーリックシュリンプ」を食べたりし、天然記念物の「島尻マングローブ林」では散策コースで十分にマングローブの生態を見学出来お勉強になりました。

 

昨年行きそこなった、ビラの直ぐそばに在る「うえのドイツ文化村」へも行きました。

 

島民が明治時代にドイツの難破船を救助したゆかりの地に建つテーマパークですが、現在は観光客もまばらで施設内の建物は荒れ果てていて残念ながらまるで廃墟のようでした。

 

家族全員で行く旅行は、本当に楽しみですがそれも各自が健康でいての事でと改めて思うプチ旅行でした。

 

何より健康が一番!

 

 

 

 

 

 

No.440 「男体山」登山と「人間国宝」の友。

 

十月に入り毎朝の観音様境内の木々もすっかり秋模様となり、我が家お馴染みの「日光・上高地」からも紅葉の便りが届いています。

 

秋の紅葉の季節に登山をしようと思いながら果たせずにいましたが、今年は毎年四季折々にお邪魔している「日光」の戦場ヶ原や小田代ヶ原から見上げている「男体山」に初めて登山することにしました。

 

昨年から少しずつ始めている登山です。

 

ジムで鍛えている体力が登山ではあまり通じないことを実感していますが、日本百名山の「日光男体山(2484m)」にはいつかチャレンジしたいと思っていました。

 

今回もかみさんとふたりでの登山計画です。

 

「日光二荒山神社」の男体山頂奥宮へ入山料を払いお守りを受け取って、登拝口からいよいよ登山開始です。

 

いきなりの階段を経て登山口一合目から本格的な登山が始まります。

 

いつも戦場ヶ原から望む「男体山」は、まさに登りのお山です。

 

中禅寺湖が海抜1269mですので登りは、およそ1200mです。

 

登山開始からひたすら山道を登ります、もともと修行のお山ですから厳しい山道が山頂迄ずっと続きます。

 

四合目あたりで徐々に右足の腿あたりが攣り始めました。

 

以前登山した尾瀬の「燧ケ岳」でも同じようになりましたが今回はどうにもならず、残念ながら登山を途中断念することにしました。

 

相談の結果、かみさん一人で山頂まで行くことに。

 

山頂付近では大変風が強く足も弱ってきて彼女にとっては、かなり厳しい登山となりその結果、通常往復6~7時間の登山が約9時間近くかかりましたが、それでも夕方5時過ぎに無事に戻ってこれホッといたしました。

 

かみさんのガッツには毎度脱帽するばかりです。

 

 

 

とても嬉しい知らせがありました。

 

中高の同級生の小川君(中村歌六)が「人間国宝」に認定され、そのお祝いを同期の店「築地宮川本店」で同級生が集まり祝宴を開くことになりました。

 

歌舞伎役者の家に生まれた彼は、中高で我々が放課後にクラブ活動をしていた時でもお迎えが来てお稽古に通っていました。

 

屋号は播磨屋、現在「五代目中村歌六」で歌舞伎脇役としての人間国宝の認定です。

 

彼はスーパースターでなく「脇を固める役者」ですが見る人が見れば彼の「脇の締め」あっての歌舞伎なのですね。

 

後継者にも恵まれ、長男は彼が中高の頃に名乗っていた「米吉」です。

 

この年になり友人が各方面におりますが、「人間国宝」の友達はさすがにいません、コツコツの積み重ねの大切さが身に沁みました。

 

 

 

 

 

 

No.439 初秋のハイキング!

 

九月に入ってもまだ暑い日々が続いています。

 

土日祝日の地元浅草は相変わらず多くの観光客で賑わっております。

 

そこで以前よりどうしても行きたかった、初秋の北アルプス「涸沢カール」へ思い切って行って来ました。

 

「涸沢カール」へは、毎年お気に入りで行く「上高地」から「横尾」を経て「穂高岳」方面に行くコースとなりますが、登山初心者の私では目的の涸沢カールにある「涸沢ヒュッテ」に一泊するのが安全ですがこの時期ヒュッテは予約が取れず、「横尾山荘」をベースにピストンで涸沢カールに行くことになりました。

 

登山経験豊富の方でも涸沢カール(2300m)までは、往復6時間を要しますが、私達登山初心者ではいかほどの時間がかかるやと、行く前から不安はありましたが、翌早朝に横尾山荘前の「横尾大橋」を渡りいざ出発となりました。

 

橋を渡るといよいよ本格的な登山が始まります、左手に「屛風岩」を見ながら穂高連峰を仰ぎ見ます。

 

休み休みで何とかヒュッテの吹き流しが急な登山道から見えた時は「もう少しだ頑張れ」と思いましたが、今までの経験では山頂が見えてからが勝負です。

 

案の定、急な登りで途中休憩している登山者がなんと多いことか。

 

最後の力を振り絞り何とか4時間ほどで無事ヒュッテに到着いたしました。

 

ヒュッテのベランダで名物の「おでん」と「ノンアルのビール」でカミさんと乾杯!もちろん記念写真もバッチリ撮りました。

 

熟練の登山者は、ここから「北穂高岳」や「奥穂高岳」「前穂高岳」に向かうのですが、この「涸沢カール」が我々の最終の目的地です。

 

一時間半ほどヒュッテにいて「涸沢カール」と「穂高連峰」をのんびり眺めて満足感にあふれている自分がここにはおりました。

 

本来なら後一か月すれば素晴らしい紅葉が一帯を埋め尽くすのでしょうが、この時期は例年大変多くの登山者で賑わうと言われ、我々登山初心者では登山者が鈴なりになる山道は、自分たちのペースでは少し無理と思われます。

 

下りは、疲れも忘れて登ってくる登山者にエールをかけるほどの余裕をもて3時間半ほどで「横尾山荘」着きました。

 

翌日は、横尾から上高地まで約3時間の山道を経て、お馴染み10度目の「上高地帝国ホテル」で宿泊してのんびり身体を癒しました。

 

翌朝「岳沢湿原」「田代湿原」を散策して帰途に就きました。

 

十年来の目的「涸沢カール」に行けて又良い想い出が出来ました。