Ultima`s Technology アルティマの技術

つる植物登はん用 緑化ワイヤー 

被膜φ6 スパイラルワイヤー


Point: 『いかに植物に優しく』、『いかに植物との相性が良いか』

 

近年、地球温暖化とヒートアイランド現象の進行により、壁面緑化に対する関心が高まっています。
また、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、壁面緑化の普及拡大がより期待されています。

 一言で壁面緑化といっても様々な形態があります。直接登はん型、基盤型、下垂型等。用途、コスト、景観によって選択が変わります。


弊社がご提供する形態はワイヤー型緑化になります。多くの施工実績から得た、様々な課題を解消する為に、『いかに植物に優しく』、『いかに植物との相性が良いか』をテーマに探求し、開発したのが植物に最も適する、つる植物登はん用 緑化ワイヤー『被膜φ6 スパイラルワイヤー』です。

下記掲載内容について【被膜φ6スパイラルワイヤーセット ご提案資料】に掲載しております。こちらからダウンロードして下さい

被膜φ6スパイラルワイヤーセットを使用した壁面緑化システムは、【アルティマ壁面緑化システム】をご確認下さい。



➤ つる植物登はん用 緑化ワイヤー『被膜φ6 スパイラルワイヤー』の特徴

※ 

被膜φ6 スパイラルワイヤー単品での出荷はしておりません。両端部の金具が付属するセット品です。

両端部の金具をご選択下さい。詳細は弊社までお問合せ下さい。


ワイヤー式壁面緑化に関して、植栽業者、施工業者からの問い合わせから、被膜φ6 スパイラルワイヤーは誕生しました。

 

  • 沖縄などの過酷な環境でワイヤー式壁面緑化をする際、風圧と植物の自重で植栽が落下する事がある・・ 植栽に引っ掛かりやすいワイヤーはないか・・
  • ワイヤーで施工した現場で、夏場の壁面西側で壁面が熱くなり、熱を持ったワイヤーに絡んだ植物が熱枯れする例がある。金属製ワイヤーが何とかならないか・・

日照に強く。植物に絡みやすい。

 

  • 良く巻き付き、自然な伝い上りの手助けをします

蔓科植物は北半球では右方向に巻き、南半球では左方向に巻き付きます。日本では右巻き付きになります。その自然の法則を活かし、ワイヤーと植物の系着力をより強固にすることが出来ます。

 

  • 風による植物の垂れを防ぎます

台風などの強風が吹くような時、通常のステンレスワイヤーと比べ、被膜φ6 スパイラルワイヤーはスパイラル状(ら旋状)に植物がしっかりと絡み付いているので、風による被害を軽減できます。

 

  • 日照による熱やけを低減します

オーステナイト系ステンレス鋼線に特殊技術により樹脂コーティングを施すことで、金属線に比べて熱伝導率が極めて低く、日照時における植物の熱焼けを低減することが出来ます。オーステナイト系ステンレス鋼線材SUS304材の熱伝導率は、14Kcl/m.h.r.℃で一般炭素鋼の約2分の1で温まり難く、冷めにくい材料であり、さらに当社の技術により撚り線をし、表面積を増大させ、樹脂コーティングを施すことにより植物への熱伝導率を大幅に低減いたしました。

 

  • より建物に同化し、建物景観に優れています

樹脂コーティングされていることで、ステンレスワイヤーに比べ太陽光の乱反射が少なくより建物壁面へ馴染み、建物景観を活かします。

 

  • 潅水効果を高めます

      上段緑化レールより降下式に潅水を行う際(オプション)、被膜φ6 スパイラルワイヤーのら旋に沿って水が伝い落ち、やがて遠心力により水が拡散することで、

       植物の葉の表面全体にも水が行き渡ります。


➤ つる植物登はん用 緑化ワイヤー『被膜φ6 スパイラルワイヤーの耐候性


 

2004年7月の取付日から14年が経過した被膜φ6 スパイラルワイヤーの劣化の有無を確認。

所々、外周スパイラル部にクラックが入っていることを目視にて確認。

触ってみた所、クラックが入った箇所が崩れるなどの脆さや損壊は見られなかった。

ワイヤー芯部から外周スパイラル部も剥離することなく、しっかりと固着している。

ワイヤー(樹脂部)の変色も確認はされなかった。

14年間屋外にて設置した耐性の結果、クラックは確認されたものの、被膜φ6 スパイラルワイヤーの性能には問題は見られなかった。


また、植物もしっかりと絡み付き、成長に影響を与えていないことを目視にて確認した。

 

 

落葉樹も毎年しっかりと『被膜φ6 スパイラルワイヤー』に巻きつきます。

落葉樹などの様に一年で枯れて葉が落ちても、翌年にはしっかりと新芽を出し、既存の枝と共に巻きついて登はんしていきます。
風で飛ぶ、植物が外れるなどの心配は見受けられません。

 


➤ 世界一ワイヤー取付が簡単!被膜φ6 スパイラルワイヤーセットについて


【左】 :被膜φ6スパイラルワイヤー+両端バネフック (片側グリップ内蔵)

【右上】:Lアングルにバネフックを取り付ける 【右下】:アルミ製緑化レールにバネフック(グリップ内蔵)を取付

  • 現場寸法に合わせてカットしたワイヤーセットを搬入するので、現場でのワイヤーカット手間がありません
  • ワイヤー端部のバネフックを各支柱に直接取り付ける事で簡単に施工が出来ます
  • 両端部共にバネフック形状のシンメトリーになるのでより景観に優れます
Lアングル
従来仕様との部材コスト比較:約30%減
アイボルト付き支柱
従来仕様との部材コスト比較:約37%減
アルミ製緑化レール
従来仕様との部材コスト比較:約25%減

➤ 被膜φ6スパイラルワイヤーセット:高さによる納まり構成 【Lアングルの場合】

高さ:4mまで
被膜φ6スパイラルワイヤーセット (L=~4,000mm) × 1本
高さ:4m ~ 6mまで
被膜φ6スパイラルワイヤーセット (L=~6,000mm) + 中間振れ止め用 Lアングル

高さ:6m以上
被膜φ6スパイラルワイヤーセット (L=~4,000mm) の連結

➤ 被膜φ6スパイラルワイヤーセット取付方法 【Lアングルの場合】

上端:Lアングル穴にバネフックを取り付ける

先端ピンを押しながら、バネグリップを移動させ、下端:Lアングル穴にバネグリップを取り付ける

バネグリップから出たワイヤーを引っ張り、適度なテンションをかける

余ったワイヤー、スパイラル部はカットする

 

※余剰ワイヤーは50~100mm程度の残す事を推奨

※バネグリップを持ち上げながら、ワイヤーを引っ張るとテンションをかけやすいです



➤ Lアングル取り付け時、アングル孔について

※アングル穴あけ寸法 φ12~14 (上下共通)

※アングル穴あけ位置 指定あり


➤ 被膜φ6スパイラルワイヤーセット CADデータ


➤ 被膜φ6 スパイラルワイヤーによる、つる性植物登はん経過

被膜φ6スパイラルワイヤーを使用する事での植栽登はん経過や、施工場所毎の使用植栽についての資料は下記よりダウンロードしていただけます。(PDFデータ)

 

【資料】被膜φ6 スパイラルワイヤーによる、つる植物登はん経過について

➀ JR東京総合病院

施工現場 JR東京総合病院 施工時期

2009年4月

植栽 ヘデラ・カナリエンシス
納まり支柱 金網 ワイヤー種類 被膜φ6 スパイラルワイヤー ワイヤー端部金具 フック金具 
ワイヤー張りパターン ストライプ仕様 備考 地植え 

2010年1月19日

2016年6月30日



ヘデラ・カナリエンシス

被膜φ6 スパイラルワイヤーへの登はん状況


② アグリスクエア新宿

施工現場 アグリスクエア新宿 施工時期

2016年8月

植栽 ハゴロモジャスミン
納まり支柱 Lアングル ワイヤー種類 被膜φ6 スパイラルワイヤー ワイヤー端部金具 ストライプ金具 
ワイヤー張りパターン ストライプ仕様 備考 地植え 

2016年11月17日

2018年10月10日



ハゴロモジャスミン

被膜φ6 スパイラルワイヤーへの登はん状況


③ エコビレッジ日本橋水天宮

施工現場 エコビレッジ日本橋水天宮 施工時期

2011年12月

植栽 ヘデラ・ヘリックス、スイカズラ、ムベ
納まり支柱 アルミ製緑化レール ワイヤー種類 被膜φ6 スパイラルワイヤー ワイヤー端部金具 スパイラルワイヤーセット、フック金具
ワイヤー張りパターン ストライプ仕様、チェッククロス仕様 備考 地植え 

【左】2012年5月12日 【右】2018年10月11日

【左】2012年5月12日 【右】2018年10月11日


ヘデラ・ヘリックス

被膜φ6 スパイラルワイヤーへの登はん状況


④ トルナーレ日本橋浜町

施工現場 トルナーレ日本橋浜町 施工時期

2007年5月

植栽 ヘデラ・カナリエンシス
納まり支柱 アイボルト付き支柱 ワイヤー種類 被膜φ6 スパイラルワイヤー ワイヤー端部金具 フック金具
ワイヤー張りパターン ダイヤクロス仕様 備考 プランター

2008年5月26日

2018年6月21日


ヘデラ・カナリエンシス

被膜φ6 スパイラルワイヤーへの登はん状況


⑤ 虎ノ門ファーストガーデン

施工現場 虎ノ門ファーストガーデン 施工時期

2010年7月

植栽 オウゴンニシキ
納まり支柱 Lアングル、アイボルト付き支柱 ワイヤー種類 被膜φ6 スパイラルワイヤー ワイヤー端部金具 ストライプ金具、フック金具
ワイヤー張りパターン ストライプ仕様 備考 地植え

【左】2010年8月20日 【右】2018年10月11日

【左】2010年8月20日 【右】2018年10月11日



オウゴンニシキ

被膜φ6 スパイラルワイヤーへの登はん状況


⑥ 虎ノ門高木ビル

施工現場 虎ノ門高木ビル 施工時期

2014年5月

植栽 テイカカズラ
納まり支柱 Lアングル ワイヤー種類 被膜φ6 スパイラルワイヤー ワイヤー端部金具 ストライプ金具
ワイヤー張りパターン ストライプ仕様 備考 地植え

【左】2016年4月5日 【右】2018年10月11日

【左】2016年4月5日 【右】2018年10月11日


テイカカズラ

被膜φ6 スパイラルワイヤーへの登はん状況



➤ 主な使用例

 

被膜φ6 スパイラルワイヤー』は多くの弊社商材で使用されております。各機能・仕組、取付方法等の詳細は以下からご確認下さい。

 

アルティマ壁面緑化システム

アルティマ グリーンパーゴラシステム

アルティマ グリューネ・フェンスター【Green】

緑化パーテーション Leaflax(リーフラックス)