Ultima`s Technology アルティマの技術

【シュー型グリップ】


■ グリップの特徴

 

ワイヤーの「長さ調整」や「位置固定」に用いるグリップは、機構上、面固定か点固定かに大別されます。

面固定はシュー型グリップと呼称される構造で、当社の独自開発によるもので当社製品の機構に使用しています。

 

一方、点固定は既製のベアリングを組み込んだベアリング型グリップで、すでに複数の会社で製品化がされています。
双方の固定法には各々に長所短所(下図参照)があり、ワイヤーグリップ市場は用途や特長に合わせて面固定か点固定かの使い分けがされてきました。

当社製品に使用されているワイヤーグリップは設立以来、業界要求に合わせ、そのニーズに適したグリップを提案してきました。

各々のグリップの把持力と耐衝撃性は高い評価を得て、産業機器におけるワイヤーの検査具、建築設備業界、家具転倒防止金具など幅広い分野で採用され続けています。

アルティマ製グリップ:シュー型

 

シュー型 (面接点)は、ワイヤーを面で挟む事で荷重を分散させ、

ワイヤーへの負担を軽減出来ます。ワイヤー本来の強度を維持出来ます。

シュー型グリップは、アルティマ独自の技術です。

他社製グリップ:ベアリング型

 

ベアリング型 (点接点)は、力が1点に集中する為に制動力が弱く、

ワイヤーが損傷しやすい


 

当社 (シュー型)

他社 (ベアリング型)

安全

強度が高く、安全率を高く取れるため工業品で活用されている 

強度を要求されないディスプレイやインテリアに活用されることが多い 

強度

面接触のためグリップ力が強く、特に振動に強い

※SUS304φ1.5mm(7*7)ワイヤー試験値による

 JIS規格ワイヤー破断荷重170kgの90~100%

点接触のためグリップ力は低い。衝撃や振動にも弱い

※SUS304φ1.5mm(7*7)ワイヤー試験値による

 JIS規格ワイヤー破断荷重170kgの50~70%

解除

グリップ力が強いため、手(指)での解除がしずらい

※グリップ力が解除がしずらいという欠点を解消した

ハイブリット機構(pat.p)のご用意もありますのでご相談下さい

グリップ力が低いため、手(指)での解除は容易

ワイヤーへの

負担

面固定による分散荷重のため負担が少ない

素線切れやささくれなどの破損・圧痕が少ない

点固定による集中荷重のため負担がかかる

素線切れやささくれなどの破損・圧痕は避けられず、

ワイヤーのメンテナンスが必要

生産

既製品では無いオリジナル設計のため、他社は容易製造出来ない
(同等品を製造しにくい) 

既製品のベアリングを使用しているため容易に製造出来る

■ グリップの基本操作

■ シュー型グリップ 使用製品

ワイヤー式防鳥システム

アルティマ(Uグリップ)防鳥ワイヤー

ワンタッチでワイヤー固定!

長さ調整も自由自在!

世界で一番ワイヤー取付が簡単な防鳥ワイヤー

ワイヤー式家具転倒防止システム

インテリア・アンカー

業界初!

ピクチャーハンガー機能を新搭載

地震から家具や什器の転倒・落下・暴走を防止、

移動も自由自在

ワイヤー調整止め金具

ULG(ULTIMA LINE GRIP) 

ここからアルティマの歴史が始まった

独自開発のワンタッチワイヤー止め金具


ピクチャーハンガー

セイフティーフック シリーズ

絵画や額などの美術品をコンパクトなボディで力強く美しく吊る

手摺用ワイヤーシステム

ワイヤーテンド (N)

支柱間寸法に応じて製作!

取付施工が早い!安心強度!

新たに開発した究極の手摺用転落防止ワイヤーシステム

振れ止め専用ワイヤー

アルティマ ターンバックル

ゆるまない。空間に溶け込む。美しいデザイン。


アルティマ

投物防止ワイヤーシステム

駅構内自由通路や陸橋、連絡橋から

投げ込まれる空き缶や雑誌などの投物を防ぎます

ワイヤー式壁面緑化工法 

アルティマ壁面緑化システム

多くの実績には理由があります!

ワイヤーに特化した究極のワイヤー式壁面緑化システム

緑化専用補助支持材 

アルティマ グリーンライン

ワンタッチでワイヤー固定!

壁面緑化用ワイヤー補助支持材


ワイヤー式緑化パーゴラ

アルティマ グリーンパーゴラ システム

緑のカーテン+壁面緑化=複合緑化システム

※企画システム

屋内緑化/ディスプレイシステム

アルティマ グリューネ・フェンスター

世界の何処にもない新しい屋内緑化、

インテリア・ディスプレイを実現