Ultima`s Technology

アルティマの技術


シュー型グリップ

■ グリップの特徴

 

ワイヤーの「長さ調整」や「位置固定」に用いるグリップは、機構上、面固定か点固定かに大別されます。

面固定はシュー型グリップと呼称される構造で、当社の独自開発によるもので当社製品の機構に使用しています。

 

一方、点固定は既製のベアリングを組み込んだベアリング型グリップで、すでに複数の会社で製品化がされています。
双方の固定法には各々に長所短(下図参照)があり、ワイヤーグリップ市場は用途や特長に合わせて面固定か 点固定かの使い分けがされてきました。

当社製品に使用されているワイヤーグリップは設立以来、業界要求に合わせ、そのニーズに適したグリップを提案してきました。

各々のグリップの把持力と耐衝撃性は高い評価を得て、産業機器におけるワイヤーの検査具、建築設備業界、家具転倒防止金具など幅広い分野で採用され続けています。

アルティマ製グリップ:シュー型

シュー型 (面接点)は、ワイヤーを面で挟む事で荷重を分散させ、

ワイヤーへの負担を軽減出来ます。ワイヤー本来の強度を維持出来ます。

シュー型グリップは、アルティマ独自の技術です。

 

他社製グリップ:ベアリング型

ベアリング型 (点接点)は、力が1点に集中する為に制動力が弱く、

ワイヤーが損傷しやすい


 

安全

強度が高く、安全率を高く取れるため

工業品で活用されている。

強度を要求されないディスプレイやインテリアに

活用されることが多い。

強度

面接触のためグリップ力が強く、特に振動に強い

※SUS304φ1.5mm(7*7)ワイヤー試験値による

JIS規格ワイヤー破断荷重170kgの90~100%

点接触のためグリップ力は低い。
衝撃や振動にも弱い。

※SUS304φ1.5mm(7*7)ワイヤー試験値による

JIS規格ワイヤー破断荷重170kgの50~70%

解除

グリップ力が強いため、手(指)での解除がしずらい。

※グリップ力が解除がしずらいという欠点を解消した

ハイブリット機構(pat.p)のご用意もありますので

ご相談下さい。

グリップ力が低いため、手(指)での解除は容易。

 

 

ワイヤーへの負担

面固定による分散荷重のため負担が少ない

素線切れやささくれなどの破損・圧痕が少ない。

点固定による集中荷重のため負担がかかる。
素線切れやささくれなどの破損・圧痕は避けられず、

ワイヤーのメンテナンスが必要。

 
生産

既製品では無いオリジナル設計のため、

他社は容易製造出来ない
(同等品を製造しにくい) 

既製品のベアリングを使用しているため容易に

製造出来る。

 
使用製品

U-グリップ

ピクチャーハンガーセイフティフック

インテリア・アンカー

アルティマ防鳥ワイヤー

アルティマターンバックル

アルティマグリーンライン

アルティマ壁面緑化システム

アルティマ壁面緑化パーテーション システム

アルティマ投物防止ワイヤーシステム

 

あんしん財団広報誌 〚あんしんLife 12月号 日本を支えるこの技術〛にて紹介されました