ワイヤー式防鳥システム

アルティマ(Uグリップ)防鳥ワイヤー (PAT)


ワンタッチでワイヤー固定! 長さ調節も自由自在! シンプルを極めた防鳥(鳩よけ)ワイヤー 


アルティマ(Uグリップ)防鳥ワイヤーのリピーターが多い理由

ここ数年、鳩やカラスの数が増え、糞害などの鳥害が増加しています。

例えば、マンションのベランダ部、駅舎、神社仏閣、倉庫、工場、市場などが挙げられます。

 

また、特に問題となっているのは、鳩の糞は景観を損なうだけでなく、鳥インフルエンザなどのウイルス感染によって、病気になってしまう可能性もあります。

 

鳥害対策として、ワイヤー、防鳥ネット、剣山など様々な方法があります。

各鳥害対策は一長一短です。

まずは、各鳥害対策のメリットデメリットをご紹介します。


各鳥害対策のメリット・デメリット

➀ 防鳥ネット  画像出典:http://www.act-eco.jp/gallery/2016/01/post-13.php

メリット
  • 鳥の侵入を物理的に防ぐので、しっかり設置すれば完全に侵入を阻止出来る
デメリット
  • 鳥の侵入する隙間を完全に塞がないと効果が発揮されない。
  • 取付の際、建物への加工が必要となる。(場合によってはビス止め、穴あけなど)
  • 必要ネットのサイズを準備する必要があるので、意外と設置が難しい
  • 建物の景観を損なう

② 剣山  画像出典:https://exterminator.spina.co.jp/charge/dove/

メリット
  • 鳥は有刺物が苦手なので、飛来を邪魔する
デメリット
  • 有刺物以外のところには飛来が可能なので、大量に必要な場合がある
  • 有刺物に慣れてしまうと、長期間の効果が期待出来ない
  • 針の長さや設置場所を間違うと効果がない
  • 針に埃がたまりやすく、景観を損なう
  • 針と針の間に巣を作る可能性がある

③ 防鳥ワイヤー

メリット
  • 一旦、構造物の縁に止り、安全であるかを観察した後、侵入する鳥の習性を利用し、構造物の縁にワイヤーを設置することで止まれなくする

  • 景観を損なわない
デメリット
  • 鳥が飛来する場所に住み着いている場合、効果を期待出来ない (縁に止まらず、直接構造物の中に入って来る)
  • 鳥が飛来する場所に住み着いている場合、大量に必要な場合がある

上記以外の鳥害対策として、忌避剤(ジェル)、電気ショック、スプレー、超音波、磁石など様々な対策があります。

ただし、どの対策も一長一短というのが現実です。

 

防鳥ワイヤーは、鳥害対策の初期段階で効果を発揮します。

まだ鳥が住み着いていない初期の飛来予防対策として使用する場合です。

 

防鳥ワイヤー自体は、各メーカーが販売していますが、弊社のアルティマ(Uグリップ)防鳥ワイヤーは他社と決定的に異なる商材です。

その理由は、世界一ワイヤー取付が簡単で、コストダウンを期待出来る からです。


他社防鳥ワイヤーとの差別化ポイント

まずは、アルティマ(Uグリップ)防鳥ワイヤーがいかに取付が簡単なのか、下記動画をご確認ください。


ワイヤーをバネグリップに差し込んで、支柱に引っ掛けるだけです。

誰でも簡単に出来ます。

 

一方、主な防鳥ワイヤーの張り方は、

 

支柱を固定する (ビス止め、接着、アンカーなど様々)(推奨間隔もメーカーによって様々)

 

 

起点支柱の孔にバネを引っ掛ける

 

 

ボビン巻きワイヤーから必要寸法のワイヤーをカットし、カットしたワイヤーをスリーブ、バネ、再びスリーブに通す

 

※寸法を測り、現場でワイヤーカットする必要がある。施工手間になる可能性がある

 

 

スリーブをかしめ、固定する

 

 

起点支柱に取り付けたワイヤーを中間支柱の孔に通す

 

 

 

終点支柱にワイヤーを取付ける。ワイヤーをスリーブ、終点支柱の孔、再びスリーブに通す

 

※高所作業になるので、スリーブやバネを落としたり、紛失したりする可能性がある

 

 

余剰分ワイヤーを引いて適度なテンションをかける

 

(メーカーによって、テンションの目安であるバネの伸び具合、引っ張り荷重などは様々)

 

 

スリーブをカシメ、固定する。余剰分ワイヤーはカットする

 

人によって取付時間にバラつきが出る。施工手間になる可能性がある

 

ワイヤーテンションにバラつきが出る。均一になりにくい。

 

 

従来の防鳥ワイヤーは、
  • 高所作業になるので、スリーブやバネを落としたり、紛失したりする可能性がある
  • ワイヤー張りは手先の作業になるので、人によって取付時間にバラつきが出る。施工手間になる可能性がある
  • ボビン巻きワイヤー(50m~)で搬入し、現場でワイヤーをカットして取り付けている。施工手間になる可能性がある
  • ワイヤーの張り方 (ワイヤーテンション)が、人によってバラつきが出る。均一になりにくい
  • 作業効率化が難しい。人海戦術で取付工事を早く済ませる必要があるにもかかわらず・・・ 

アルティマ (Uグリップ) 防鳥ワイヤーの張り方

支柱をビスで固定する (間隔は2m推奨)

 

※ 下地によって異なる為、ビスは付属しておりません。必要に応じて、ビス頭部の止水を行ってください

 

 

ワイヤーにセット済みのバネを支柱溝部に引っ掛け、中間支柱の孔を通す

 

 

付属のワイヤーグリップ付きバネを支柱溝に引っ掛けてワイヤーをピンから挿入する。

先端ピンを押さず、バネ部を矢印方向に持ち上げながら、余剰分ワイヤーを引いてテンションをかける。(概ね3kg)

 

※ 全長40mmのバネが55~60になる程度 (ロックを解除する場合は、バネ部を矢印方向に持ち上げながら、ピンを押してください)

 

※ バネの伸び具合は、あくまで目安であり、施工時バネ長を計測する必要はございません。

 一番の問題は、ワイヤーをビンビンに張り過ぎる事です。ワイヤーを張り過ぎると、鳩が止まれてしまいますので、ワイヤーに触れた時、適度にワイヤーが沈み込む

 程度が理想です。

 

 

余剰分ワイヤーをカットする (または丸めて留めておく)

 

 

アルティマ(Uグリップ)防鳥ワイヤーは、
  • スリーブに通してループにしたり、かしめたりする必要がなく、ワイヤーをグリップに差し込んで、支柱に引っ掛けるだけの簡単施工

  • 誰でも簡単に施工出来、ワイヤーの張り方もバラつきが出来ない。

  • 手先の細かい作業がなく、誰でも簡単に出来るので、施工手間が大きく削減出来る。人工手間削減(人件費、作業費)にもつながる
  • ワイヤー+バネグリップのセット品 (L=1~5m)なので、現場でのワイヤーカットが不要

 

 

☆ 職人不足による人工費用の高騰、工期遅れが深刻な問題になっている中、誰がやっても、確実に、安全に作業が出来る

 

➡ 工期短縮、人工手間削減に繋がる現場ファーストなシステム

 

  • 部材組み合わせについては、こちら

 

その他ご不明点、ご質問等がございましたら、ご連絡下さい。

 

TEL:03-5608-6838

FAX:03-5608-6837

 

メール:こちらから