ワイヤー式緑化パーゴラ

アルティマ グリーンパーゴラシステム PAT.P 

※企画システムです

アルティマ グリーンパーゴラシステムは、現在企画システムです。

マーケティング、システムとしての精査、改良改善をした後に製品システムとしてリリースする予定です。

ご質問等は弊社までお問合せ下さい。

緑のカーテン+壁面緑化=複合緑化システム



構造システム

 

① つる植物登攀用ワイヤー 被膜φ6 スパイラルワイヤー

 


近年、地球温暖化とヒートアイランド現象の進行により、壁面緑化に対する関心が高まっています。
また、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、壁面緑化の普及拡大がより期待されています。

 一言で壁面緑化といっても様々な形態があります。直接登はん型、基盤型、下垂型等。用途、コスト、景観によって選択が変わります。
 弊社がご提供する形態はワイヤー型緑化になります。

 

 多くの施工実績から得た、様々な課題を解消する為に、

 

『いかに植物に優しく』、『いかに植物との相性が良いか(効果を発揮できるか)』をテーマに探求し、開発したのが植物に最も適するつる植物登はん用 緑化ワイヤー『被膜φ6 スパイラルワイヤー』です。(2004年より発売開始し、12年間に多数の実績があります。)

※ 

被膜φ6 スパイラルワイヤー単品での出荷はしておりません。両端部の金具が付属するセット品です。

両端部の金具をご選択下さい。詳細は弊社までお問合せ下さい。


ワイヤー式壁面緑化に関して、植栽業者、施工業者からの問い合わせから、被膜φ6 スパイラルワイヤーは誕生しました。

 

  • 沖縄などの過酷な環境でワイヤー式壁面緑化をする際、風圧と植物の自重で植栽が落下する事がある・・ 植栽に引っ掛かりやすいワイヤーはないか・・
  • ワイヤーで施工した現場で、夏場の壁面西側で壁面が熱くなり、熱を持ったワイヤーに絡んだ植物が熱枯れする例がある。金属製ワイヤーが何とかならないか・・

日照に強く。植物に絡みやすい。

 

  • 良く巻き付き、自然な伝い上りの手助けをします

蔓科植物は北半球では右方向に巻き、南半球では左方向に巻き付きます。日本では右巻き付きになります。

その自然の法則を活かし、ワイヤーと植物の系着力をより強固にすることが出来ます。

 

  • 風による植物の垂れを防ぎます

台風などの強風が吹くような時、通常のステンレスワイヤーと比べ、被膜φ6 スパイラルワイヤーはスパイラル状(ら旋状)に植物がしっかりと絡み付いているので、風による被害を軽減できます。

 

  • 日照による熱やけを低減します

オーステナイト系ステンレス鋼線に特殊技術により樹脂コーティングを施すことで、金属線に比べて熱伝導率が極めて低く、日照時における植物の熱焼けを低減することが出来ます。オーステナイト系ステンレス鋼線材SUS304材の熱伝導率は、14Kcl/m.h.r.℃で一般炭素鋼の約2分の1で温まり難く、冷めにくい材料であり、さらに当社の技術により撚り線をし、表面積を増大させ、樹脂コーティングを施すことにより植物への熱伝導率を大幅に低減いたしました。

 

  • より建物に同化し、建物景観に優れています

樹脂コーティングされていることで、ステンレスワイヤーに比べ太陽光の乱反射が少なくより建物壁面へ馴染み、建物景観を活かします。

 

  • 潅水効果を高めます

      上段緑化レールより降下式に潅水を行う際(オプション)、被膜φ6 スパイラルワイヤーのら旋に沿って水が伝い落ち、やがて遠心力により水が拡散することで、

       植物の葉の表面全体にも水が行き渡ります。


② ターンバックル仕様で実現 ロングスパンへの対応

 

ターンバックルの強い張力を生かし、ロングスパンでも適正な張力がかけられます。

緑化レール、Lアングル仕様に限らず、アイボルト付き支柱、ボルト支柱仕様でも使用可能です。

 

 


  • より長いワイヤー寸法への対応が可能

今までは縦被膜φ6スパイラルワイヤーがL=4,000mmを超える場合は、中間に緑化レール(もしくは、Lアングル)を介して、連結が必要でしたが、ターンバックル仕様では連結なく、1本のワイヤーを通して、施工が可能

 

  • 美しいスリムなボディ

ターンバックルの本体はφ15mmの細身ボディ。ターンバックル部と接続ワイヤーグリップ部が一体化し、スリムで空間に美しく溶け込みます。ステンレス材質により耐候性が向上

 

  • 用途に合わせられるターンバックルは、6パターン

ターンバックル使用は3パターン、対応するワイヤーはφ3ステンレスワイヤーと被膜φ6スパイラルワイヤーの2パターン、全部で6パターンありますので、用途に合わせて選択出来ます

 

  • ワイヤーを金具に差し込んで簡単ロック

ワイヤー接続部には当社オリジナルのグリップ機能を内臓。ワイヤーを差込むだけで簡単にロック。ピンの操作でロックを解除。工具や加工の必要も無く、簡単操作で面倒なワイヤーの引張調整が行え、現場の施工性が大幅に改善します。引張調整後のワイヤー端部はターンバックル内に収めることが出来ます。グリップ機能は、安全性を強く求められる産業機械部品や工事部品、美術館など各分野で豊富な実績を重ねています。

 

 

 

※  設置条件によって、1本辺りのワイヤー長さが変わる場合がございますが、φ3.0ワイヤーの目安は10,000mm、被膜φ6 スパイラルワイヤーの目安は7,000mm~8,000mmとなっております

 

※  ワイヤー及び植栽が風圧により、壁面に当たる事を防止する為、横段ワイヤーの中間に振れ止め用のワイヤーを設置するのが前提となります

 

※  被膜φ6 スパイラルワイヤーの場合、被覆をグリップしているので、必要以上に張力をかけないで下さい

 

※  ワイヤーを引っ張り過ぎる事により、緑レールの固定金具及び壁面に影響を及ぼす可能性があります


③ 緑化パーゴラ仕様 プーリー開発

 

緑化パーゴラをもっと自由に、もっと導入しやすくする為に開発したのが、オリジナルプーリー(滑車)です。

プーリーを使用する事で、パーゴラ設計がもっと自由に、必要部材も少なくなり、施工も容易になります。

➀用途によって合わせられるプーリーは2パターン、パーゴラ設計がより自由に

 

プーリー仕様は、緑化レール仕様、パイラック仕様(H鋼)の2パターン。

用途に合わせて選択出来ます。

②パーゴラ設計がより自由に

 

緑化レール上に取り付けたプーリーは、レール上の位置移動が容易、且つ、角度も自由に変えられる。※

ワイヤー張りをストライプにレイアウトするだけでなく、様々な角度に自由にレイアウトする事が可能です。

 

※パイラック仕様は、取付位置上で角度を変えられる

③ワイヤー戻り防止機能で設計も容易

 

プーリーにはストッパーが付いており、ワイヤー引っ張り方向の逆にストッパーを倒す事で、ワイヤー戻りがなくなり、ワイヤーにかかるテンションを維持する事が出来ます。

④必要部材削減でコストダウンと景観をすっきりと

 

パーゴラ仕様にするに当り、必要部材が少なくなるので、景観もすっきりとなり、さらにコストダウンも見込めます。


例:パイラック仕様:ワイヤー2本使用

M6アイボルト仕様:ワイヤー3本使用

M6アイボルト・アイナット仕様:ワイヤー3本使用



パイラック仕様プーリー:ワイヤー1本使用

緑化レール仕様プーリー:ワイヤー1本使用 ※設置場所等で納まりは変わります



その他の使用事例:「アルティマ ターンバックル」をパーゴラの水平張りに使用

 

施工現場: 夢の島熱帯植物園


パーゴラの水平張りには弊社オリジナルの【ターンバックル】を活用

水平でありながら植物の加重に耐え、時間が経過しても緩まず強度ある水平張りを実現します

 

被膜φ6 スパイラルワイヤーとφ3 SUS標準ワイヤーとの組み合わせで、たわみを防ぎます

 

植物の荷重をワイヤーのみで受けるパーゴラ。

コーティングされたφ6mmの被膜スパイラルワイヤーにかかる荷重をφ3mmの標準ワイヤーが補う事で、より確かな強度を保持し、経年によるたわみを防ぎます