Feature

特集


Vol.11  アルティマ壁面緑化システムが、

究極のワイヤー式壁面緑化システムである理由

Point: ワイヤーに特化したからこそ実現出来た3つのポイント

街中だけでなく、公共施設、個人宅に至るまで様々な処で目にする壁面緑化。数が増えれば増えるほど、その工法は多様化しています。

基盤型、ユニット型、プランター型、ポケット交換型、下垂型、登はん型。

 

アルティマ壁面緑化システムは、ワイヤー式に特化しています。

そして自信をもって、究極のワイヤー式壁面緑化システムと言えます。

 

多くの実績を挙げる事が出来ているのも、アルティマだからこそ実現出来たポイントがあります。

その3つのポイントをご紹介します。

① 3種の張りパターン×4種の納まり仕様に対応

ワイヤーの張りパターンは主に、3つ。 
  • ワイヤーを上下に直線に張ったデザイン【ストライプ】
  • ワイヤーを直角にクロス状に張ったデザイン【チェッククロス】
  • ワイヤーを斜めにクロス状に張ったデザイン【ダイヤクロス】
勿論、それぞれの張りパターンによってポイントは異なります。
そして、ワイヤーを納める納まり仕様は、4つ。
  • 一般的な【Lアングル仕様】
  • アイボルトを使用した【アイボルト付き支柱仕様】
  • 【ボルト支柱仕様】
  • アルティマオリジナルの【緑化レール仕様】
主にコストや景観によって納まり仕様の選択は異なりますが、これだけの多様な納まりに対応出来るのもワイヤー式だからこそです。
そして、アルティマだからこそ実現出来た【緑化レール仕様】、設置コストダウン、現場施工負担軽減、景観・質感向上に優れた納まり仕様です。
究極のワイヤー式壁面緑化システムの理由、多様な張りパターンと納まり仕様に対応出来るからです。
詳細は、こちら

② ワイヤー1本で10mのロングスパン張りを実現

2020オリンピック・パラリンピックに向けて、都内を中心に大型改修案件が増えています。

壁面緑化も例外ではありません。

その中で増えてきているのが、10m程度のロングスパン張りでの壁面緑化になります。

 

今までは、ロングスパン張りを対応する為に、4m以上のワイヤー張りは中間にLアングルや緑化レールを介し、連結する事で対応していました。

それによって、ワイヤーやアングルの必要部材が増えたり、施工手間が増えたり、景観も美しくないものになりがちでした。

 

それらの問題点を改善する為に、ターンバックルを使用する事でロングスパン張りを実現する事が出来ました。

 

ロングスパン張りのメリットは、

 

  • 全体のワイヤー本数と必要部材が減るので、コストダウンが見込める
  • 必要部材が減るので、施工手間削減に繋がる
  • 必要部材が減るので、景観もすっきりする

 

※目安として、φ3SUSワイヤーは10m、スパイラルワイヤーは7~8m程度対応が可能です。

 

究極のワイヤー式壁面緑化システムの理由壁面緑化だけでないワイヤーシステムを構築しているからこそ実現出来たロングスパン張りです。
詳細は、こちら

③ 緑化専用ワイヤー【スパイラルワイヤー】と緑化専用補助支持材【アルミ製緑化レール】の採用

壁面緑化において、他社と決定的に異なるところが、緑化専用ワイヤー【スパイラルワイヤー】とLアングルに代わる納まり補助支持材【アルミ製緑化レール】です。

 

 

【スパイラルワイヤー】は、『いかに植物に優しく』、『いかに植物との相性が良いか(効果を発揮できるか)』をテーマに探求し、開発したのが植物に最も適するつる植物登はん用 緑化ワイヤーです。

勿論、スパイラルワイヤー以外にも通常φ3ステンレスワイヤーも取り扱っております。

 

【アルミ製緑化レール】は、従来仕様のスチール製Lアングルの施工性、コスト、質感、全てを見直した緑化に最適な支持材です。

低コストでレールの連結(縦×横)が容易で、小規模から大規模まで設置のバリエーションと共に自由なデザインに対応します。

 

究極のワイヤー式壁面緑化システムの理由他社と多くの点で差別化出来る補助支持材を持っているからです。
【スパイラルワイヤー】についての詳細は、こちら
【アルミ製緑化レール】についての詳細は、こちら

アルティマ壁面緑化システムについてのお問い合わせは、TEL、メールにてご連絡下さい。

 

TEL:03-5608-6838 (代表)

MAIL:お問合せフォーム

 

アルティマ壁面緑化システムの詳細については、こちらをご確認下さい